クアラルンプール(企業)
RISE(イベント)

アジア最大級のテック会議RISEは2022年、香港に戻ってくる

次の記事

電動セミトラックメーカーのNikolaがボッシュと水素燃料電池モジュールの製造で提携

アジア最大級の技術系カンファレンスRISEが、2022年3月に対面式リアルイベントとして香港に戻り、少なくとも5年間は香港で開催されることを、主催者のWeb Summitは米国時間9月2日に発表した。2020年、Web SummitはRISEがクアラルンプールに移ると発表していたが、香港に戻ることで、マレーシアの首都での開催はなくなった。ただし、広報担当者はTechCrunchの取材に対して、将来的には同地で他のイベントを開催する予定だと述べている。

関連記事:Web Summitが2022年に東京で新イベント開催、RISE 2022はクアラルンプールで復活

RISEは、2022年3月14日から17日まで、アジアワールド・エキスポで開催される。

大規模な民主化デモが行われていた2019年11月、Web SummitはRISEを2021年に延期すると発表した。そして2020年12月、2021年の開催は見送り、代わりに2022年にクアラルンプールでRISEを再開すると発表している。

関連記事:アジア最大のテック会議Riseが香港デモ受け来年は中止

RISEの広報担当者はメールでの声明で「香港の政治状況は、クアラルンプールを開催地として検討するという我々の決定に影響を与えませんでした。Rise 2022は当初、クアラルンプールで開催される予定でしたが、これはもはや実現不可能です。すばらしい都市でのRISE開催に招待してくれたMDECに感謝したいと思います」と付け加え「RISEは2015年のスタート以来、すでに香港で5年の成功を収めています。この街との長年の関係から、滞在することは自然な判断でした」という。

Web Summitの発表では、共同創業者兼最高経営責任者のPaddy Cosgrove(パディ・コスグローブ)氏は「香港が過去5年間にわたってRISEをサポートしてくれたことに非常に感謝しており、2022年に戻ってくることにこれ以上ないほど興奮しています」と述べている。

今回の発表では、香港のEdward Yau(邱騰華、エドワード・ヤウ)商務・経済発展長官の声明が発表された。「世界的に有名なテックイベントRISEが香港に戻り、今後5年間は香港で開催されることを選択したことを非常にうれしく思います」。

画像クレジット:Stephen McCarthy/RISE via Sportsfile

原文へ

(文:Catherine Shu、翻訳:Katsuyuki Yasui)