Wantedly / ウォンテッドリー(企業)

ウォンテッドリーが従業員の定着・活躍を支援するサービス群「Engagement Suite」正式提供開始

次の記事

【インタビュー】数学者が紐解く偽情報の世界

ビジネスSNS「Wantedly」を運営するウォンテッドリーは9月2日、従業員の定着・活躍を支援し、エンゲージメントを向上させるサービス群「Engagement Suite」(エンゲージメント スイート)の正式提供を開始した。正式提供に伴い、チームマネジメントサービス「Pulse」(パルス)に、組織改善を支援する新機能「1on1」(ワンオンワン)を追加している。また完全無料から、契約プランごとに無料枠の上限が設定される料金体系となった。

Engagement Suiteは、従業員のモチベーションを高め、エンゲージメントを向上させるオンライン社内報「Story」、チームマネジメント「Pulse」(パルス)、福利厚生「Perk」(パーク)という3つのプロダクトで構成されるサービス。2020年3月のPerk提供を皮切りに、4月にStoryのα版、6月にPulseのα版を提供開始し、1年以上に渡り改善を行ってきたという。

・Story:メンバー間で目的意識と一体感を共有するオンラインの「社内報」
・Pulse:チームメンバーの現状把握と改善を支援「チームの状態」
・Perk:仕事環境を整える話題のサービスを提供する「福利厚生」

Storyは、会社のメンバーのみ閲覧可能なウェブサイトを作成し、従業員とともに社内報を投稿できるオンライン社内報サービス。Slackやメールと連携して従業員に通知を届け、閲覧を促進できる。

Pulseでは、マネージャーによるメンバーの現状把握と改善を支援することで、自律的なチーム作りをサポート。Slack上から会社の行動指針であるバリューを体現しているメンバーに称賛を送ることで、バリュー浸透を促進できる「さすが!」機能や、週次で5段階評価で仕事の調子を管理できる「調子どう?」機能、そしてバリューの浸透状況やメンバーの調子がひと目で分かる管理画面を搭載。

Perkは、従業員やその家族(LGBTや事実婚などのパートナーも含む)に対して、仕事環境の整備などに役立つ様々なサービスをリーズナブルに提供できる福利厚生サービス。

またPulse正式版では、可視化された組織課題を解決するための新機能「1on1」機能を2021年9月中に追加予定。

1on1とは、マネージャーとメンバー、またはメンバー同士が週1〜月1程度の頻度で1対1の対話を通じて、目標のすりあわせや課題解決の相談を行いながらコミュニケーションを深め、信頼関係を育むものという。

マネージャーは、各メンバーとの間だけで共有される画面を通し、週次サーベイ「調子どう?」の結果を元にしたアジェンダの設定、対話のメモ・ネクストアクションの管理と、定期的な1on1のスケジューリングを行える。1on1当日になるとSlackにアジェンダが通知され、継続して行うことが重要な1on1の浸透と運用がスムーズに行える。ウォンテッドリーが従業員の定着・活躍を支援するサービス群「Engagement Suite」正式提供開始

またEngagement Suiteの3プロダクトは、有料プラン契約企業を対象に、すべてβ版として完全無料で提供してきたが、正式版提供に伴い、契約プランごとに無料枠上限を設定する形で提供する。無料枠を超えた場合に自動で費用が発生することはない。

契約プランごとのEngagement Suite無料枠上限(3プロダクトそれぞれの上限人数)

・ライトプラン:100人
・スタンダードプラン:200人
・プレミアムプラン:400人

例えばライトプランで従業員80名の企業の場合、全従業員が3プロダクトすべてを利用しても追加料金なしとしている(上限を超えた際は、1プロダクトに1人追加で600円が基本料金)。