折りたたみスマートフォン / フォルダブルスマートフォン(用語)

【レビュー】より洗練されたサムスンのGalaxy Fold 3、メインストリームとは言えないが正しい方向には向かっている

次の記事

所有する家具を活用しプロが部屋をバーチャルでデザインしてくれるPancakeが約3800万円調達

Samsung(サムスン)はGalaxy Noteの終了を宣言する準備がまだできていなかった。そのうちにという感じだ。2021年8月のUnpackedイベントの後、私たちが再び同社に質問をすると、担当者は次のように語った。

Samsungは、消費者のニーズを満たすためにプロダクトラインアップを絶えず評価し、ユーザーのモバイルエクスペリエンスを高めるテクノロジーを導入しています。新しいGalaxy Noteデバイスは2021年に発売される予定はありません。Samsungは代わりに、Noteのエクスペリエンスを拡大し続け、Sペンを含む生産性と創造性に関する多数の人気機能を、Galaxy S21 Ultraをはじめ、タブレットやノートPCなどの他のカテゴリを含むGalaxyエコシステム全体に展開する計画です。発表の準備が整い次第、今後のポートフォリオについてさらなる詳細をお知らせします。

これは正確には、2021年に新しいNoteが登場しないという前回の発表の繰り返しであり、答えとは言えない。単にチップ不足の問題なのかという質問に対して、Samsungは同様に曖昧な回答を送ってきた。

半導体市場の現在の変動性は、テクノロジー業界全体およびそれ以外の分野で認識されています。Samsungでは、そのインパクトを軽減するために最善の努力をしており、今後も供給面での課題を克服するためにパートナーと精力的に協働して参ります。

画像クレジット:Brian Heater

Galaxy Fold 3をNoteの10年にわたるファブレット王座の継承者と宣言するのは時期尚早だ。しかし、確かなこととして、Galaxy Sシリーズに導入されている新機能と同社のハイエンドなフォルダブルによって、このデバイスはかなり冗長なものになっている。一方、最も可能性が高いと思われるのは、Samsungの様子見の姿勢だ。Galaxy Fold 3の好調な売れ行きは、Noteの冗長性に対する説得力のある論拠として他に勝るものはない。しかし、それは依然として大きな「もしも」であり続けている。

Samsungが初期のFoldをエキサイティングな実験として位置づけたのは賢明だった。新技術をいち早く市場に投入することは決して容易なことではなく、特にSamsungが取引するような規模においてはなおさらだ。初代Foldには、信頼性とアダプションの両方に関して、いくつかの大きな疑問があった。ここでは前者をあまり重視せず(私たちはこれについて多くの記事を書いている)、最初のラウンドで何度か白紙に戻ったとだけ言っておこう。

後者については、同社は2019年、初年度に100万台を販売したことを明らかにした。それは驚くべき、そして印象的な数字だった。もちろん、同社がSやNoteシリーズで示しているような数字とは比べものにならないが、実証されていない2000ドル(約22万円)のデバイスが発売されて数カ月で実現したことを考えると、少なくともアーリーアダプターがこの波に乗ったことを示す良い兆候であったことは確かだ。

画像クレジット:Brian Heater

Fold2では、前機種の最大の問題のいくつかをより直接的に解決し、より堅牢でバランスのとれたデバイスを実現した。Fold3は、急進的な進化を遂げたわけではないが、重要なアップデートと改良が行われている。トップレベルの新機能は次のようなものだ。

  • Sペン対応
  • IPX8規格の防水性能
  • 少し大きめの外付けディスプレイ
  • アンダーディスプレイカメラ
  • 強化された内部スクリーンプロテクター、フレームおよびフロントガラス

では正確には、これらすべてがどのような結果になるのだろうか。Samsungにとっての答えはシンプルで、「新しいフラッグシップ機」である。これはモバイルの世界で使われている言葉の1つで、定義は曖昧だ。Samsungはこれまで、SとNoteシリーズという2つのフラッグシップ機を持っていた。これがNoteにとっての技術的な過渡期なのか、Galaxyシリーズの第3のフラッグシップの宣言なのかは、上記の言葉にかかっている。しかしながらSamsungが、同社のハイエンドなフォルダブルがメインストリームになる瞬間であると自信を示していることは示唆的である。

この製品をメインストリーム化するための最初のステップは簡単だ。価格である。Fold3は、どう考えても手頃な価格のデバイスではない。1800ドル(約19万8000円)という価格は、フラッグシップモデル2機種を合わせた価格とほぼ同じである。しかし、前機種からの200ドル(約2万2000円)の値下げは、正しい方向への大きな一歩と言える。Samsungが自身のテクノロジーをさらに拡張できるようになれば、事態は悪化し続けるだろうと考える向きもある。「手頃な」フォルダブルを求めている人は、実際には1000ドル(約11万円)を下回る価格の新しいFlipに目を向けるだろう。これについては後のレビューで詳しく説明しようと思う。

関連記事:【レビュー】サムスンのダークホース、Galaxy Z Flip 3は過去最高の折りたたみ式スマホだ

新しいフォームファクターには必ず何らかの課題がある。Samsungのようなノウハウを持つ会社のものでさえも。オリジナルのFoldを携えて、壊れないように慎重に歩き回ったことを、筆者は直感的な記憶として覚えている。レビュープロセスでは、デバイスを自分のものと同じように扱うことが期待されるが、初期のFoldではその機会に恵まれず、2000ドルのスマートフォンをうっかり壊してしまうかもしれない、という緊張感に包まれることになった。

そして、そう、やってしまった。もちろん筆者が最初ではなかった。このデバイスを広く世に送り出す前にそれを強化すべき十分な問題があった。正しい動きだったことは確かである。Foldが壊れにくいとは誰も期待していなかったと思う。しかし繰り返しになるが、最初のユニットが満たさなかった、期待される標準的な使い方が存在するのだ。

主な修正点は2つあった。1つは、Samsung(およびその他)のスマートフォンに同梱されている取り外し可能な画面プロテクターに似すぎているように見えた保護フィルムを端まで広げたこと、もう1つは、一部のごみが入ることはあるが、プロダクトを開く過程でそれを一掃するブラシ機構をヒンジ機構の内部に追加したことだ。そうすれば、画面にダメージを与える前にそれを取り除くことができる。

第2世代は、より耐久性の高い折りたたみガラスにアップグレードされた。新しいバージョンでは、こうした保護機能がさらに強化されている。これは特に、箱を開けた瞬間に制限事項を列挙したリストを提示してこないFoldの初バージョンと言える。良い兆候である。原則として、ユーザーはおそらく同じような「標準的な使い方」に固執するはずだと私は思う。そして、おそらくそうしたケースの1つに投資する。結局のところ、1800ドルの端末なのだ。

画像クレジット:Brian Heater

耐久性の面で最も注目すべき点は、IPX8規格だ。これは、最大1.5メートルの耐水性を30分持続させる。同社のフォルダブルの製品ラインは、防水性と耐水性の点でやや遅れていたが、高級機種ではほぼ標準になっている。必要とされる複雑な機構を考えれば当然のことだ。ただし、等級の「X」は、ここでは防塵がないことを示唆すると言えよう。ヒンジが実際に粒子を入れるように設計されているという単純な理由によるものだ(前述の通り)。

デバイスの前面と背面は、Corningの最新作Gorilla Glass Victusで覆われている。Corningによると「当社のラボテストにおいて、Gorilla Glass Victusは、最大2メートルの硬い粗い表面への落下に耐えました。他社製の競合アルミノケイ酸塩ガラスは、通常、0.8メートルから落下すると破損します。さらに、Gorilla Glass Victusの耐スクラッチ性は、競合アルミノケイ酸塩よりも最大4倍優れています」。一方、本体とヒンジはSamsungが「Armorアルミニウム」と呼ぶ合金で作られており「現代のスマートフォンで使われている最も強力なアルミニウム」だという。

おそらく最も重要なのは、強化されたスクリーンプロテクターを搭載していることだろう。このプロテクターは側面まで広がっているため、はがそうとするのは難しく、またそうしたいという誘惑も少ない。追加された保護機能は、標準的な使用方法(タップしすぎると壊れてしまうようなスマートフォンは避けたい)とSペン機能の両方にとって必須だ。同社には現在、スタイラスとそれに含まれるすべての生産性機能を活用する3つのラインが存在する。

画像クレジット:Brian Heater

同社ではSペンProに加えてFold専用モデルも導入した。この50ドル(約5500円)のスタイラスは小型で、画面への圧力を軽減するために特別に設計された収納可能な先端を備えている。筆者は両方のスタイラスをいじってみたが、両者の劇的な違いには気づかなかったし、SamsungもProの使用について明確な警告を発していない。しかし慎重を期して筆者はFold Editionを選ぶことにした(古いバージョンのSペンを使用しようとする際は警告表示もある)。

同社はスタイラスの互換性について以下の声明をTechCrunchに送っている。

標準のSペンとは異なる周波数に設定されているため、互換性があるのは最新のS Pen Fold EditionとSペンProのみです。ただし、SペンProは、Samsung Galaxyタブレット、Chromebook、スマートフォンなど、他のSペン対応デバイスと互換性があります。上部にあるスイッチを使ってSペンProの周波数を切り替えることができます。

7.6インチのキャンバスは、Sペンの機能に適している。もちろん、他のフォルダブル同様、Foldの中央にはまだ折り目がある。Noteと比べると、慣れが必要だ。しかし、スタイラスペンを愛用している人にとっては、複数のアクティブウィンドウやアプリの分割表示のような生産性ツールが増えていることを考えれば、この機能はぴったりだ。Samsungはここでかなりの生産性ワークハウスを構築した。

もちろんNote(およびSシリーズ)と異なり、FoldにはSペン用のスロットが内蔵されていない。これは、構造的な整合性の問題があったために搭載されなかった可能性が高い。少なくとも、折りたたんだときにすでにかなり薄いデバイスに、余計な厚みが加えられてしまうだろう。Samsungは、スタイラスを持ち歩くことを真剣に考えていて、紛失を心配している人のために、Sペンケースを提供している。

メインディスプレイは2020年からあまり変わっていない。7.6インチ、120Hzのリフレッシュレート、2208×1768の解像度、HDR10+をサポート。6.2インチのフロントスクリーンはハイダイナミックレンジではないものの、60Hzから120Hzにアップされている。Fold2は2020年、エクステリアスクリーンのサイズをアップグレードしたが、これは大きな違いだ。開いた状態で処理しなくてもいいことはたくさんある。アスペクト比は依然として非常に細身で、ほとんどの場合に利用できるが、App Continuity機能は有効なアプリの画面間をシームレスに移動できる優れものだ。

画像クレジット:Brian Heater

スクリーンフロントに追加された最大のものは、実際には引き算のようなものだ。ピンホールカメラがメインスクリーンから消えている。それに代わって登場したのが、Samsungデバイス初のアンダーディスプレイカメラだ。この技術は、企業にとって長年の聖杯であった。この機能を提供したのはSamsungが最初ではない―OppoやZTEなどの企業がこの機能を少し前から提供している。Foldも同様の技術を採用しており、ホールパンチの上にピクセルの薄い層を貼り付けている。特にスクリーン上に白い画像が表示されている場合は、スポットは見える状態になるものの、一見したところではより空間的に切れ目のない印象になっている。

画像クレジット:Brian Heater

この空間を追跡してみると、これらのカメラの画像性能はこれまでのところ理想的とは言えないことがわかる。そしてSamsungも同じ運命にある。上の写真は、フロント10メガピクセルとアンダーディスプレイの4メガピクセルのカメラでそれぞれ撮影された。画面下のカメラには曇りやぼやけがあり、2021年の高級スマートフォンに期待される水準には達していない。

Samsungとの以前の会話では、同社はこのことについて、つまりはFoldが同社のスマートフォンの中で初めてこの技術を採用した理由についてかなり率直だった。それは、自撮り用に前面カメラのオプションが追加されたことによるもので、率直に言って、標準以下のカメラに依存する必要はないのだ。確かに写真を撮るときには頼りにならないだろう。大型のフォームファクターではすでにぎこちないことは確かだ。緊急時のテレビ会議には使えると思うが、それでもフロントの方がいいだろう。基盤技術が向上するのに合わせて、Samsungが今後のアップデートで改善できるものとして、これを提起したい。

画像クレジット:Brian Heater

画像クレジット:Brian Heater

一方、メインのカメラシステムは前回のバージョンからほとんど変わっていない。

  • 12MP / F2.2超広角、ピクセルサイズ:12μm、視野角:123度
  • 12MP / F1.8広角、デュアルピクセル AF、光学手ぶれ補正対応、ピクセルサイズ:8μm、視野角:83度
  • 12MP/ F2.4望遠、PDAF、光学手ぶれ補正対応、ピクセルサイズ:0μm、視野角:45度

7.6インチと6.2インチのビューファインダーを切り替えられるという利点もあり、すばらしい写真が撮れる優れたカメラ構成になっている(正直なところ、フルスクリーンはほとんどのシーンで撮影にはやや使いにくいため、筆者は概ね小型のファインダーにこだわった)。

  1. 20210815_190340

    画像クレジット:Brian Heater
  2. 20210815_191409

    画像クレジット:Brian Heater
  3. 20210815_191914

    画像クレジット:Brian Heater
  4. 20210815_190808

    画像クレジット:Brian Heater
  5. 20210815_190800

    画像クレジット:Brian Heater
  6. 20210815_190704

    画像クレジット:Brian Heater
  7. 20210815_190623

    画像クレジット:Brian Heater
  8. 20210815_190229

    画像クレジット:Brian Heater

バッテリーは4500mAhから4400mAhへとわずかに低下し、ディスプレイの背面にある2つのモジュールに分かれている。小さいものではあるが、間違った方向への一歩である。このような大型デバイスは、電力を食う傾向がある。使い方にもよるが、1日は乗り切れるだろう。多くの人が家に閉じこもっている限り、これは大きな問題にはならないだろうが、おそらくプラグを入れずに1日中座って動画に夢中になれるようなものではないだろう。

当然のことながら、Foldには最新のSnapdragon 888が搭載されている。Samsungから送られてきたモデルには12GBのRAMと256GBのストレージが備わっていた。このストレージを倍にすると、価格は1900ドル(約20万9000円)になる。

画像クレジット:Brian Heater

SamsungがFoldを、問題を抱えたアーリーアダプターの技術から2世代の間にはるかに安定したものに変えるのを見るのは、実に印象的である。しかし同社は、フォルダブルというコンテキストの中でメインストリームのような言葉を振り回す準備はできているものの、そのような目標がまだ遠い先にあるという感覚を振り払うのは難しい。

価格は正しい方向に向かっているが、それでもこの製品は依然として、ほとんどの人にとって手に負えないほど高価だ。大型スクリーンの利点はすぐにわかるが、なぜそのような製品が必要なのかという質問には答えられない。多くの場合、このフォームファクターはまだ少し扱いにくい。

Galaxy Noteが突然冗長になるとすれば、FoldよりもGalaxy Sシリーズの方に多くの責任がある。また、もしSamsungが真に主流のフォルダブルエクスペリエンスを追求しているのであれば、Galaxy Z Flipをより長期的に検証していくことも考えられる。サイズ、価格、柔軟性、そして見た目の良さという点では、これに勝るものはない。

画像クレジット:Brian Heater

原文へ

(文:Brian Heater、翻訳:Dragonfly)