paizaが「正社員ITエンジニア向け採用サービス」カオスマップ公開、スキルチェック総受験回数1500万回突破記念

次の記事

150種以上のフェムテック製品を展示・体験できるイベント「Femtech Fes! 2021」が10月22日〜24日開催

paizaが「正社員ITエンジニア向け採用サービス」カオスマップ公開、paizaスキルチェック総受験回数1500万回突破記念paizaは9月7日、ITエンジニア向け転職・就職・学習プラットフォーム「paiza」(パイザ)において提供している独自のプログラミングスキル評価システム「paizaスキルチェック」の総受験回数が1500万回を突破したと発表した。これを記念して、「スキルを可視化」し実力重視で企業とマッチングするITエンジニア向け転職サービス「paiza転職」の位置づけを伝えるため「正社員ITエンジニア向け採用サービス」のカオスマップを公開した。

paizaは、ITエンジニアに特化した転職・就職・学習サービスとして、 2013年にサービスを開始。2021年8月現在、paizaの登録者数は45万人となっている。属性別の内訳は、学生10万人、ITエンジニア経験者25万人、未経験者10万人。

同サービスのpaizaスキルチェックは、オンライン上で実際にコーディングテストを行い、受験者のプログラミングスキルを6段階(S~Eのpaizaランクを付与)で客観的に可視化する仕組みとなっている。スキルチェックでは提出コードが複数のテストケースにより採点され、結果画面で点数や取得ランク、レーティングなどが表示される。

提出題はすべてオリジナルの内容で、膨大な受験データをもとに絶えず精査しており、高いスキル判定精度を実現しているという。ユーザーはここで得た客観的なスキル評価を基に、自分にあった転職、就職、学習サービスを利用できるとしている。

また日本ではこれまで、ITエンジニアのプログラミングスキルを客観的に可視化できる場が少なく、ITエンジニア採用の難易度を上げるなど、ミスマッチの原因となってきた。その中で企業は、paizaスキルチェックを活用することで、自社が求める人材を採用できることから、現在までに2000社以上の企業が活用しているという。