絵文字の列がネット上の「アイデンティティ」になると考えるYat、すでに約22億円の売上達成

次の記事

検温をエンタメ化する!? HYTEKが体温入りフォトカードThermo Selfieのプロトタイプを開発

私がYatのことを知ったのは4月のことで、友人がグループチャットに、鍵の絵文字が「インターネット上のアイデンティティ」として42万5千ドル(約4667万円)で売られているという記事のリンクを送ってきたのがきっかけだった。彼女は「この世界なんて大嫌い」とチャットに打っていた。

42万5000ドル(約4668万円)の余裕がある人たちがその資金を相互扶助か何かに使ってくれれば、確かに世界はもっと良くなるのだろうが、その数分後、私たちはこのYatというものが一体何なのかを明らかにしようとしていた。そしてさらに数分後、私は5ドル(約549円。暗号資産ではなく米ドル)を使って☕👉💩❗を購入した。この絵文字の文字列は、私のカフェイン依存症と敏感な胃についての感動的な物語を語っていると思う。その選択をしたときには、自分がこのことを記事にすることになるとは思っていなかった。

KeshaのTwitterのYat URL

Yatは、表面的には絵文字が入ったURLを購入できるプラットフォームだ。Kesha(y.at/🌈🚀👽)、Lil Wayne(y.at/👽🎵)、Disclosure(y.at/😎🎵😎)までもが自分のTwitterのプロフィールに絵文字を使っている。インターネット上の他のURLと同様に、Yatsは他のウェブサイトにリダイレクトすることもできるし、より人目を引くLinktreeのように機能することもできる。ユーザーはYatではなく、絵文字に対応した独自のドメイン名を購入して使用することもできるが、多くの人は技術的な専門知識も時間もない。その代わりに、Y.atドメインを所有するYatから一度だけ購入すれば、同社がユーザーに代わって専用のy.atリンクを提供してくれるのだ。

しかし、この便利さは高級なものだ。Yatは、アルゴリズムを使ってYatの「リズムスコア」を決定している。これは、絵文字の組み合わせの希少性に応じて価格を決定するための指標だ。絵文字が1つや2つしか入っていないYatは、会社に直接連絡しないと買えないほど高価だが、4つや5つの絵文字を使ったYatであれば、4ドル(約439円)で買えるものが簡単に見つかる。

Y Combinatorの卒業生であり、デジタルマーケティング企業Sparkartの創業者であり、エンジェル投資家でもあるCEOのNaveen Jain(ナビン・ジャイン)は、Yatが究極的にはインターネット上のプライバシーを守る製品であると考えている。ジェイン氏は、人々が支払いやメッセージの送信、ウェブサイトの運営、プラットフォームへのログインなど、現在オンラインアイデンティティを利用できるあらゆる方法でYatを利用できるようにしたいと考えている。

「客観的に見て、奇妙な規範だと思います。インターネットにアクセスし、広告付きプラットフォームにアカウントを登録する時、登録したユーザーネームは普遍的なものではありません。人は多くのアカウント、多くのユーザーネームを持っています。そして、それらをコントロールすることはできません。あるアカウントがあなたのアカウントを停止しようとすれば、停止することができるのです。SNSの運営企業にメールを送っても、返信しなくてもいいからという理由で返信がなかったという話は山ほどあります」。

画像クレジット:Yat

ユーザーはYatを購入する際に製品の代金(4ドル(約439円)であれ40万ドル(約4393万円)であれ)を支払うので、Yatは広告費で賄う予定はない。

YatのCEOは、長期的にはブロックチェーン技術を使って、自己主権型を目指す計画だという。Yatは、非中央集権的な分散型データベース上で供給される資産となるだろう。現在、インターネット規制当局のICANNが管理している現行のドメインネームシステム(DNS)に代わる分散型のシステムを作ろうとするプロジェクトはいくつかある。DNSはインターネット上でさまざまなものを発見する手段だが、中央集中型の階層的なシステムを使用している。ブロックチェーンによるドメイン名システムは、管理主体が存在しないため、これが次世代のウェブ、すなわち「ウェブ3.0」の基盤になると考えられている。

現在、Yatのウェブサイトには「ブロックチェーン」や「暗号資産」といった言葉は出てこない。ジャイン氏が、そうした言葉が一般消費者にとって説得力があるとは思っていないからだ。彼は漸進的な非中央集権を信じており、現在YatがEthereum(イーサリアム)ではなくドルで購入されているのもそのためだ。

ジャイン氏はこう語る。「暗号資産の世界でおもしろいのは、全員がデータベースについて多くの時間を費やして語っていることです。人々はデータベースに関心がありません。ウェブサイトに『MySQLによる提供』と書かれているのを最後に見たのはいつですか?」

しかし、Y.atは、ブロックチェーンではなく、従来のインターネットレジストリに登録されていた。

「これは基礎づくりなのです。ビジョンの中には、現時点では実施よりも社会契約に近い要素があることは確かです。しかし、これは私たちが定めたビジョンであり、その目標に向かって継続的に取り組んでいます」とジャイン氏はいう。

それでも、Yatがより非中央集権的になるまでは、Yatはユーザーに完全なコントロールを与えることはできない。現在のところYatの利用規約では、Yatの判断でユーザーを終了させたり、停止させたりする権限が与えられているが、同社はシステムから追い出された人はまだいないと主張している。

「Yatがより分散化していけば、我々の利用規約は重要ではなくなるでしょう。これが先進的な非中央集権的戦略を追求することの本質です」とジャイン氏はいう。

「ゼロ世代」(オープンベータ)の段階で、Yatは約2000万ドル(約21億9600万円)相当の絵文字アイデンティティを販売したと主張している。Yatを手に入れるためのキャンセル待ちリストが終了した今、Yatはいくつかのレアな絵文字アイデンティティを、最近15億ドル(約1647億1900万円)の評価額に達したNFTマーケットプレイスであるOpenSeaに掲載している。

関連記事:NFTマーケットプレイスのOpenSeaが「ガス代」排除に向け、複数のブロックチェーンに対応を計画

Yatのビジュアライザー作成時の静止画像

「今回初めて、OpenSea上でYatsのオークションを行い、Ethereum上でYatsの鋳造を開始する予定です」とジャイン氏は語る。YatsをNFTとして鋳造する前に、ユーザーはVisualizerを通じて自分のYatのデジタルアートを作ることができる。これらの機能と、Yatの絵文字セットにおける新しい絵文字は、Yat Horizonと呼ばれる7月末のオンラインイベントで発表された。

ジャイン氏は、NFTとしてYatを鋳造することができるようになったことについて、「Yatクリエーターはより多くの権利を持つことになります。私たちは、究極の目標である、Yatをすべての人にとって最高の自己管理型、自己主権型のIDシステムにするという目標を達成するまで、漸進的な分散化を追求し続けるつもりです」と語った。

インターネット上でのプライバシーの確保についての消費者の関心が高まっている。iOS 14.5では、ユーザーの96%が広告のトラッキングを拒否したというデータがある。しかし、非中央集権的な動きは、そのプライバシーに関連したメリットを主流派に売り込むことが未だできていない。Yatはこの問題の解決に役立つ。ブロックチェーンの意味を理解していない人でも、個人的な絵文字の文字列を持つのはかなり楽しいということはわかっているからだ。しかし、単一の絵文字によるユーザー名に42万5000ドル(約4667万円)を費やす前に、Yatのビジョンが完全に実現するのはWeb 3.0が出現してからであり、それがいつ、どのように実現するかはまだわからないということを覚えておくべきだ。

画像クレジット:Yat

原文へ

(文:Amanda Silberling、翻訳:Dragonfly)