コーヒー(用語)
コーヒーメーカー(用語)
バルミューダ(企業)

バルミューダがオープンドリップ式コーヒーメーカーBALMUDA The Brew発表、10月7日発売

次の記事

リクルートと信州大学農学部が農地情報整備の共同研究、航空写真から特定農地区分を高精度で検出するAI開発

バルミューダがオープンドリップ式コーヒーメーカーBALMUDA The Brew発表、10月7日発売バルミューダは9月8日、オープンドリップ式コーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」(バルミューダ ザ・ブリュー)を発表した。直販価格は5万9400円(税込)。発売は10月7日。

BALMUDA The Brewは、独自の抽出方法「Clear Brewing Method」(クリア ブリューイング メソッド)の採用により、ストロングな味わい&クリアな後味を実現。緻密な温度制御、コーヒー豆の個性を引き出す0.2ml単位の正確なドリップ、クリアな後味を生むためのバイパス注湯といった3つの独自の抽出方法を組み合わせたもので、雑味を極限まで取り除き、コーヒーの理想的な味わいを楽しめるという。またREGULAR・STRONG・ICEDの3つのモードを搭載している。

温度制御では、従来のコーヒーメーカーにはないテクノロジーで注湯温度をコントロールし、蒸らし・抽出・仕上げと、過程ごとに最適な温度のお湯を瞬間的に沸かすという。ドリップでは、蒸らし時間や注湯の量・速度を自動観測し、的確な間隔で適量の湯を落とす。

また、抽出中に豆から雑味成分が溶出するタイミングを見計らい、ドリッパーへの注湯を停止。サーバーに抽出されたコーヒーの凝縮された成分と温度を調節するため、ドリップ時の注湯口とは異なる第2の注湯口から仕上げの加水を行うという。