ノーコードアプリ開発プラットフォームapplimoを運営するドコドアが約1億円のシリーズA調達

次の記事

【コラム】すばやく行動し破壊することは、プライバシーとセキュリティを犠牲にする

ノーコードアプリ開発プラットフォーム「applimo」(アプリモ)を運営するドコドアは9月10日、シリーズAラウンドにおいて、総額約1億円の資金調達を完了したと発表した。引受先は、Mirai Nihon Ventures、Apaman Network、システムソフト。

調達した資金は、さらなる機能開発やマーケティングの分野において活用する。現在搭載している、会員ログイン・クーポン・スタンプ・アンケート・ギャラリー・来店予約などの機能に加えて、新たに多くの機能を実装させるべく開発を進めているという。ノーコードアプリ開発プラットフォームapplimoを運営するドコドアが約1億円のシリーズA調達

ドコドアによると、過去のウェブ開発は多額の資金が必要としたものの、現在ではWordPressやWiXといったCMSが出現し、開発単価が大幅に下落したという。一方アプリ開発市場は、スマートフォンが出現してから生まれた新興市場ということもあり、開発単価が高止まりしているとした。

そこでドコドアは、アプリ版CMSであるapplimoによって、ウェブ開発市場でのCMS同様に、開発単価の下落インパクトをアプリ開発市場に与え、市場のゲームチェンジャーとなることを目指しているとした。