「ガンダム×未来技術」で社会課題解決を目指すガンダムオープンイノベーションが10月15日に公募期間拡大

次の記事

産直食材をマンション敷地などで販売する移動型八百屋「食べチョクカー」が始動、お気に入りをオンラインでリピート可

「ガンダム公認」を目指せ! 社会課題解決を目指す共創プログラム「ガンダムオープンイノベーション」が10月15日に公募期間拡大バンダイナムコグループは、「ガンダム」を活用したサステナブルプロジェクト「GUNDAM UNIVERSAL CENTURY DEVELOPMENT ACTION」(GUDA)を立ち上げ、世界中のファンや外部パートナーと手を組み、未来の子どもたちのために様々なアクションを企画・実行している。人口問題・地球環境問題などの社会課題に対応するため新しい発想や技術を募集する共創プログラム「ガンダムオープンイノベーション」もその一環だ。

そのガンダムオープンイノベーションが新たに第3次締切を追加し、10月15日を最終締切として公募期間の1カ月間拡大を決定したと発表した。当初2021年7月に発表した際は、8月15日が第1次締切、9月15日を最終となる第2次締切として予定していたものの、想定以上の応募が寄せられており、延長を希望する声もあったためとしている。「ガンダム公認」を目指せ! 社会課題解決を目指す共創プログラム「ガンダムオープンイノベーション」が10月15日に公募期間拡大

ガンダムオープンイノベーションとは、現実世界において「宇宙世紀」を新たに捉え直し、ガンダムの世界同様に現実世界が抱えている「社会課題」に対して、「ガンダム」と「未来技術」を掛け合わせることで未来の夢と希望を現実化するというプログラム。

バンダイナムコグループは、ガンダムの持つ壮大な世界観には、まだ実現できていない新しい技術や可能性がつまっているとし、その可能性を現実のものとしワクワクする未来に向かって発展していくため多くの人々の創造力と知恵と情熱を結集していきたいと考えているという。

ガンダムの世界同様に、人類が向き合っていくべき課題である人口問題、環境問題、宇宙進出などの未来社会につながるサステナブルなテーマ・領域において、革新的なアイデアや技術などを共創プランとして幅広く募集している(ガンダムに関連する作品アイディア・商品化を募集するものではない)。「ガンダム公認」を目指せ! 社会課題解決を目指す共創プログラム「ガンダムオープンイノベーション」が10月15日に公募期間拡大

「ガンダムオープンイノベーション」概要

  • 募集テーマ:人口問題、環境問題、宇宙進出などの未来社会におけるサステイナブルなテーマ・領域において、革新的なアイデアや技術などを共創プランとして幅広く募集
  • 応募方法:「ガンダムオープンイノベーション」の「ガンダムオープンイノベーションにエントリーする」より応募
  • 最終締め切り(エントリー3次):2021年10月15日
  • 参加条件:年齢・性別・国籍含め、特になし。学生、複数企業・団体でのチームを組んでのエントリーも可能。プランが固まっていない方や、まだプログラムへの応募を迷っている方を含め、様々な分野での技術開発・研究や、取り組みに関心がある方も参加可能
  • 求めるパートナー:「ガンダムへの深い理解」「募集テーマにおける技術・経験・実績」「今後の実現性(3~4カ年の計画)」を評価。宇宙世紀を起点に人類の革新や人類が望む未来社会を構想し、本気で実現に向けて挑むことのできる様々な分野のエキスパートやイノベーター、研究機関や先端企業などのパートナー
  • 選考基準:「ガンダム×サステナブルな未来社会への明確なビジョン」に対する本気度やそれを裏付ける技術や先進性が高い取り組みを確認
  • 支援内容:「ガンダム公認として『オフィシャルによる活動の促進』、『ガンダムの素材や資料などの提供』『IPの素材や資料などの提供』」や「共同プロジェクトとして『長期的な連携を視野に入れた共創、支援』『対象となる領域への将来性や成果などを含めた出資検討』」「社会実装・披露の場として『コンセプト社会実装の場、イベントなどを提供』」を予定
  • グランドスケジュール:2021年採択パートナー発表。2022年採択パートナーとのアクションプラン公開。2023年採択パートナーとの進捗状況を公開。2025年採択パートナーとの活動報告(発表の場)

なお、公式サイトでは横浜の「動く機動戦士ガンダム」プロジェクトのディレクターたちが登場するスペシャルコンテンツの公開も開始している。


©︎創通・サンライズ