会計ソフトIntuitが約1兆3200億円でのメールインフラMailchimp買収と認める

次の記事

CuboRexがねこ車を電動化できる「E-Cat Kit」と独自開発の低重心ねこ車フレーム「Cat Frame」をセット販売、耐荷重100kg

米国時間9月13日午後、Intuitは同社がMailchimpの買収を進めているという根強い噂を認めた。120億ドル(約1兆3213億円)が投じられることで、有名なメールインフラ企業は同社の傘下に加わることになる。

Intuitは、メールマーケティングで知名度が高いとはいえないが、税金の計算をするソフトウェアTurboTaxでよく知られている(これと関連してレントシーキングの継続を求める政府へのロビー活動でも)。また最近では、Credit Karmaの買収と、やや昔に行ったMintの買収でも知られている。

Mailchimpの買収は現金と株の両方で行われる。

「なぜIntuitは、時価総額の10%も使ってメールマーケティング企業を買うのか?」今、あなたの頭の中に疑問が湧いていても当然だ。

プレスリリースによると、Intuitは、この買収が「同社による世界中の繁栄の強化と、同社がAIによるエキスパートのプラットフォームになることを促進する」と考えているという。いつもなら、同社のビジネス口調を読みやすい口調に翻訳すべきだが、ちょっとむずかしい。

同社はもっとわかりやすく、Mailchimpの買収で、同社が前から共有していた2つの戦略、すなわち小企業の成長のためのセンターになることと、小企業のミッドマーケットに革新をもたらすことを加速できるというべきだった。

この方がずっとわかりやすい。IntuitのQuickBooksサービスは中小企業によく知られている。おそらくIntuitは、小企業向けに販売できるサービスはもっとあるはずと考えている。少々無理も感じられるが、トップが到達した結論は、2つの企業のシナジー効果には、この買収の値札ショックを補償してあまりあるものがある、というものだ。

Intuitの株価は時間外でわずか0.15%上昇したが、これはウォール街がこの買収に対して肩をすくめているためだろう。しかも買収のリークのされ方と最終結果はややごたついた。それが、Intuitの株価にすでに織り込み済みだったかもしれない。

Mailchimpの本社のあるアトランタでは、この買収は歓迎されている。Mailchimpは、自己資本のみでやってきたことで有名だ。しかも、シリコンバレーの外で、ベンチャーキャピタル抜きでデカコーンになれるのなら、まさにその生きた証拠がここにある。

(文:Alex Wilhelm、翻訳:Hiroshi Iwatani)

画像クレジット:Smith Collection/Gado

原文へ