音声(用語)
Yellston(企業)

自分の声で音声合成できる「CoeFont CLOUD」で多彩な感情表現が可能に

次の記事

EUが半導体の自給体制の構築を目指す法律を制定へ

東京工業大学発のAI音声合成スタートアップYellston(エールストン)は9月16日、自分や著名人の声を「フォント」化して音声合成ができるプラットフォーム「CoeFont Cloud」(コエフォント・クラウド)に、喜びや怒りなどの感情表現機能を追加したと発表した。

現在は、男性バーチャルキャラクターであるアベルーニに感情機能を実装。通常の声に加えて、喜怒哀楽の4種類の声のフォント(CoeFont)があり、それぞれの感情のこもったテキスト読み上げをしてくれる。これらのCoeFontを組み合わることで、表現豊かな音声合成を作ることができる。同様に、女性バーチャルキャラクターのアリアルにも感情のCoeFontをリリース。アリアルの感情CoeFontは、同社が提供するウェブ音声合成サービス「CoeFont Studio」でも、週替わりで一部公開している。

今後は、一般ユーザーも感情を込めた自分の声を収録することで、自分の感情CoeFontが作れる感情追加機能をリリースする予定とのことだ。