Reach CapitalによるEdTech投資好調の内訳

次の記事

コモディティ取引のデジタル化を進めるOpen Mineralが約36億円を調達

Reach Capital(リーチ・キャピタル)は、Jennifer Carolan(ジェニファー・キャロラン)氏とShauntel Garvey(ショーンテル・ガービー)氏が共同設立したサンフランシスコ拠点のベンチャーキャピタルで、教育分野にユニコーンが続出する何年も前からEdTechだけに焦点を絞ってきた。珍しい女性主導のVC会社は2021年2月、同社にとって3つ目のファンドを組成し、過去最大規模となる1億6500万ドル(約131億3000万円)のビークルを作った。そしてこれまでのファンドのリターンを見ると、今再活性化されているこの分野への先行投資が実を結んでいることがわかる。

関連記事:この1年で急激に変化する教育に特化した3つめのファンドをReach Capitalが組成

Reach Capitalの2番目のファンドは、2017年に完了した8200万ドル(約90億1000万円)のビークルで、2021年第2四半期時点の純内部収益率(IRR)72.1%を計上した。TechCrunchが入手したLP(有限責任組合員)向けデータによる。ファンドの投資先は、Paper(ペーパー)、Winnie(ウィニー)、今やユニコーンとなったHandshake(ハンドシェイク)とOutschool(アウトスクール)などで、同期のファンドのトップ25%よりも2桁パーセンテージポイント上位にランクされた。Cambridge Associates(ケンブリッジ・アソシェーツ)のデータによると、同四半期の同期のファンドトップ25%の純IRRは47.64%だった。

一方、Reach Capitalの最初のファンドは、組成された2015年の同期ファンドのトップ25%より2桁ポイント低かった。

Reach Capitalの2番目のファンドのリターンが、主としてペーパーゲイン(会計上のみの収益)であり、純IRRは企業価値の上昇に基づいていることに注意されたい。このVCが後続ラウンドに重きを置いている事実を踏まえると、そのIRRはある瞬間の業績を切り取ったスナップショットだ。最近Reachは、初のキャッシュ・イグジットを行い、投資先企業であるEllevation(エレベーション)がCurriculum Associates(カリキュラム・アソシエーツ)と合併したが、上記データには反映されていない。

花開くスタートアップの数々は、Reach IからReach II にかけての実績が改善された理由を説明できるかもしれない。インパクトレポートによると、Reach IIは3200万ドル(約35億2000万円)を14の主要企業に投資した。Newsela(ニューセラ)、Handshake(ハンドシェイク)、Outschool(アウトスクール)をはじめとするすべての投資先が企業価値10億ドル(約1098億8000万円)を超え、ユニコーンになっている。同VCはPaperにも資金を投じ、最近同社はIVPのリードで9桁(1億ドル)ラウンドを完了した。これらの企業に早くから目をつけ、EdTechブームの勢いに乗るところを見守ってきたことで、Reachの立ち位置が検証された。

関連記事:放課後クラスのマーケットプレイスOutschoolがEdTech界で最も新しいユニコーン企業に

Reach IIのポートフォリオの多様性は業界標準を超えているが、それでもファウンダーは白人男性に偏っている。投資先の約74%は男性が設立した企業で、女性が設立した企業は26%であるとレポートにかかれている。ファウンダーの約62%が白人、20%がアジア系、14%がラテンアメリカ系、4%が中東系を自認している。Reach Capital IIのポートフォリオに黒人ファンダーはいない。

Reachの見事なリターンは、ベンチャー投資が大きなブームだった時に起こった。多くの投資家とファウンダーは、リターンが同時期のシード・ステージ・ファンドとして魅力的かどうかを陰で話し合っていた。ある投資戦略家は、この環境下ではまったくないわけではないものの、リターン・パーセンテージは「クレイジーな高さ」だと言っていた。

「上位25%はもちろん、おそらく上位10%に入るでしょう」とその人物はいう。「暗号化分野は別で、それと比べればごく普通ですが」。別のシードステージ投資家は、Fred Wilson(フレッド・ウィルトン)氏の最近のブログ記事、「Cash on Cash vs IRR」(キャッシュ・オン・キャッシュ vs IRR)を挙げて、ファンド実績データが保有期間によって歪められる可能性を示唆した。

それでもReachのリターンは、VC業界で最も多様なパートナーシップが、スタートアップ世界で最も再活性化されている分野で実績を上げていることを示す印象的な事例だ。提出書類によると、Reachは5000万ドル(約54億9000万円)のオポチュニティファンドのために資金を調達している。同社は最近大規模な雇用も進めており、Cowboy Ventures(カウボーイ・ベンチャーズ)のJomayra Herrera(ジョメイラ・ヘレラ)氏をパートナーに、EdSurge(エドサージ)の Tony Wan(トニー・ワン)氏をインベスター・コンテンツ責任者にそれぞれ就任させた。

関連記事:この1年で急激に変化する教育に特化した3つめのファンドをReach Capitalが組成

画像クレジット:Malte Mueller / Getty Images

原文へ

(文:Natasha Mascarenhas、翻訳:Nob Takahashi / facebook