EPA / 米国環境保護庁(組織)
Lucid Air(製品・サービス)

Lucid Airが航続距離約837kmを達成、テスラを凌ぎ市販EVトップに

次の記事

1980年代に大ヒットした8bitコンピューターの名機「ZX Spectrum」開発者クライブ・シンクレア氏死去

2021年中に上場を予定している電気自動車メーカーのLucid Group(ルシード・グループ)は、米国時間9月16日、同社が発売する高級セダン「Air(エアー)」の仕様の1つが、EPA(米国環境保護庁)による航続距離(一度のフル充電で走行可能な距離)で、520マイル(約837キロメートル)を達成したと発表した。この「Lucid Air Dream Edition Range(ルシード・エアー・ドリーム・エディション・レンジ)」の公的機関による評価は、長くこのカテゴリーで優位を保ってきたTesla(テスラ)を押しのけるものだ。

関連記事:EVのLucid MotorsがSPAC合併で上場へ、2021年下期に北米でLucid Airの販売開始

Lucid Airの公式EPA航続距離は、テスラのいくつかのモデルと同等かそれ以上になることが期待されてきた。今回の発表は、Lucidに自画自賛する権利を与えるだけでなく、77400ドル(約850万円)から16万9000ドル(約1860万円)の間でさまざまなバージョンのAirを提供するという同社の戦略についても、少しだけ明らかにしている。

Lucidは当初、実質的に最初のフラッグシップモデルとなる「Lucid Air Dream Edition」の1バージョンのみを販売する計画だった。だが、現在はこの「Dream Edition」にも、最高出力933馬力で19インチ・タイヤを装着した場合の航続距離が520マイルの「Dream Edition Range」と、よりパワフルな1111馬力を発生するものの、同じく19インチのタイヤ装着車で航続距離が471マイル(約758キロメートル)に留まる「Lucid Air Dream Edition Performance(ルシード・エアー・ドリーム・エディション・パフォーマンス)」という2種類の仕様が設定されている。

Lucid GroupのCTO兼CEOであるPeter Rawlinson(ピーター・ローリンソン)氏によれば、この航続距離は同社の900Vバッテリーとバッテリー管理システム、小型化されたドライブユニット、そして電気ドライブトレイン技術の組み合わせで実現したとのこと。ローリンソン氏は、この数値が他のあらゆるEVを凌ぐ新記録だと確信していると言及している。

現在はすでに予約が締め切られている2種類のDream Editionの他に、LucidはEPA航続距離516マイル(約830キロメートル)を記録した「Lucid Air Grand Touring(ルシード・エアー・グランド・ツーリング)」を含む、いくつかのバリエーションの生産・販売を計画している。Dream Editionの価格は両モデルとも16万9000ドル(約1860万円)、最高出力800馬力のGrand Touringは13万9000ドル(1530万円)からとなっている。他にも目標航続距離が406マイル(約653キロメートル)で620馬力の「Lucid Air Touring(ルシード・エアー・ツーリング)」が9万5000ドル(1040万円)から、さらに出力を480馬力に抑えた廉価版「Lucid Air Pure(ルシード・エアー・ピュア)」が7万7400ドル(約850万円)からという価格で発売になる予定だ。

関連記事
Lucid Motorsがオール電化セダン「Air」の全テクノロジーを披露、主要音声アシスタントはAmazon Alexa
Lucid Motorsが中古EV用バッテリーをエネルギー貯蔵システムに再利用へ

画像クレジット:Lucid Motors

原文へ

(文:Kirsten Korosec、翻訳:Hirokazu Kusakabe)