インキュベイトファンドが既存投資先の成長支援を目的とする初のグロースステージ特化のGrowth Fundを設立、161億円規模

次の記事

米国人の半数はSNSが情報源、ただしその割合は減少

「資本と人材の両面からスタートアップの成長速度を最大化」するというベンチャーキャピタル「インキュベイトファンド」は9月21日、既存投資先の成長加速支援を目的とした成長株ファンド「Growth Fund」(グロース・ファンド)の設立を発表した。リミテッドパートナーの約8割が国内外の機関投資家、そのうち57%が海外投資家という構成になっている。ファンドの規模は161億円。

2010年に1号ファンドを設立したインキュベイトファンドは、一貫してプレシードおよびシードステージといった創業初期への投資に特化してきたが、今回初めて、グロースステージの投資機会に特化したファンドを立ち上げた。出資者の内訳は、海外機関投資家が46.6%、国内機関投資家が34.2%、残りが事業会社・個人となっている。また、リミテッドパートナーには、北米の大学基金、アジアの代替アセットへのファンド・オブ・ファンズ、アジアの政府系ファンド、アジアのテック専業の投資銀行などが含まれている。

代表パートナー本間真彦氏によると、2021年上半期、これまで約30倍もの開きがあった北米と日本のベンチャーキャピタル投資額の差が、さらに拡大したという。だが、北米や中国に比べて未発達だった日本のグロースステージの投資機会も、国内外の機関投資家のグローステージへの投資の増加で徐々に拡大しているとのこと。そうした中でインキュベイトファンドは「既存の投資先企業の成長のレベルを一気に引き上げ、日本からより規模の大きい、上場後もグローバルに展開できるような、スケールの大きいスタートアップの育成」にさらに注力すると、本間氏は話している。