Luos(企業)

組み込みエンジニアがハードウェアコンポーネントに簡単に接続するためのAPIを構築する「Luos」

次の記事

マイクロソフトがWindows 11に先駆けて「Surface Laptop Studio」と「Duo 2」発表、5つの新Surfaceとアクセサリー

今週、TechCrunch Disruptのスタートアップバトルフィールドに参加しているLuos(ルオス)は、組み込みハードウェア(embedded hardware)デベロッパーがモーター、センサーなどさまざまなハードウェア部品と簡単につながり、再利用可能な設定プロファイルを作ることで、ソフトウェアエンジニアがマイクロサービスで得ているのと同様の柔軟性を持てるようにすることを目標にしている。

LuosのCEOで共同ファウンダーでNicolas Rabault(ニコラ・ラボー)氏は、元組み込みハードウェアエンジニアとして、自分たちが歴史的に行ってきたやり方を簡易化するソリューションを作りたいと考えた。「Luosのアイデアは、組み込みシステムエンジニアが他の人も簡単に再利用できるものを作れるようにして、毎回全部作り直すのではなく、既存のプロファイルを組み合わせるだけでよい方法を提供することです」とラボー氏が私に話した。

このアプローチのひらめきは、マイクロサービスの世界から得たと彼はいう。「私たちのテクノロジーはウェブ世界のマイクロサービスに基づいて作りました。マイクロサービスはウェブデベロッパーに、世界中の誰もがどこででも使える再利用可能なソフトウェア部品を作れるようにしているからです」と彼は語る。

「Luosはあらるゆる部品(ボタン、モーター、バッテリー、カメラ、Wi-Fiなど)の標準APIを公開することで、だれもが追加の開発をすることなくこれらのサービスを利用できるようにして、デベロッパーはポータブルで再利用可能な行動コード(behavior code)[私たちはプロファイルと呼ぶ]を作ることができます」。つまり、バッテリープロファイルやモータープロファイルを一度作れば、どのメーカーが作ったどんなタイプのバッテリーやモーターにも適用できる。

この機能をあらゆる組み込みハードウェアエンジニアの元に届けるために、会社はオープンソースライブラリを作って、デベロッパーがさまざまなジェネリックプロファイルを作れるようにした。初めにこのスタートアップは、モーターなどのよく使われるプロファイルをいくつか種として登録し、組み込みデベロッパーはこのオープンソースフレームワークをダウンロードして、いつでも自分のバージョンを作り、それをまたコミュニティでシェアすることができる。

このフレームワークを作るために、エンジニアはボード上の各コンポーネントのためにカスタムコードを書くのが普通で、それは時間のかかる面倒な作業だ。Luosのソリューションは、その複雑さを大部分取り除き、共通プロファイルを作ることでボード上のさまざまなパーツとつなぐ共通の方法を提供する。

プロファイルをシェアするためのマーケットプレイスや中央ライブラリはまだないが、系統的にシェアする方法ができたらそうした場を作る計画だ。現在、同社はコンサルタントやサポート役として、企業が開発ライブラリを使ったりプロファイルを開発したりするのをサブスクリプションモデルを通じて支援することで収益を得ている。

Luosは、組み込みエンジニアが出荷済みボード上の問題を解決するために、モーターなど特定の部品に何が起こったかをリモートで把握して修理を手配するためのSaaS(サービスとしてのソフトウェア)ツールの開発にも取り組んでいる。これが完成すれば新たな収益源が加わる。

ラボー氏は2名の共同ファウンダーとともに、2018年にスタートアップを設立したが、アイデアのルーツは14年前、ラボー氏がまだ学生だった頃に遡る。彼はキャリアのすべてを直接的間接的にこの問題に捧げてきたので、会社を始めた時には、このようなソリューションを実装するのに十分なほどテクノロジーは成熟していた、と話した。

現在従業員はファウンダー3名を含む12名で、今後はこの種の企業で重要な役割となるコミュニティ管理やユーザー体験の担当者を雇い、さらには組み込みシステムエンジニアも追加する計画だ。同氏は、多様な会社を作りたいと考えており、現在はフランス在住の社員しかいないが、リモートワークの会社であり、どこに住む人でも受け入れているので、会社の発展とともに多様性を高められる可能性もある。

フランスのボルドーを拠点とするこのスタートアップ、これまでにシード資金140万ドル(約1億5000万円)を調達している。この初期資金の主な目標は、ターゲットである組み込みシステムエンジニアの間で会社がやっていることを広めることだ。

TechCrunchのバトルフィールドに参加することで彼らのミッションが強化されることは間違いないが、さらにファウンダーたちは、会社をユーザー、顧客、投資家たちに売り込み、米国の聴衆に自分たちを紹介するための実践的アドバイスを得た。ここ米国は、拠点であるヨーロッパよりもエンジニアがこの種の新しいツールを実験することに前向きだとラボー氏は信じている。バトルフィールドはそういう聴衆と出会う重要な場だと彼は考えている。

画像クレジット:Luos

原文へ

(文:Ron Miller、翻訳:Nob Takahashi / facebook