YouTubeが動画をブラウザでダウンロード、オフラインでも視聴できる機能をテスト中

次の記事

「動画版ストリートビュー」を目指すHappaningの技術はマルチ視点ビデオで現実世界を記録し誤情報も防ぐ

YouTubeの動画をmp4のファイルでダウンロードできるサービスで、そのダウンロードボタンのうち正しいものをクリックするのに苦労したことがない人は、立派なインターネットライフを送っているといえるだろう。現在、YouTubeはプレミアムユーザー向けに、そのような海賊版サイトを陳腐化するかもしれない機能をテストしている。

プレミアムユーザーは、10月19日まで、動画をブラウザでダウンロードする機能をテストできる。このテストはモバイル版の機能をウェブに持ち込むもので、YouTubeが現在開発している機能などをプレミアム会員にテストしてもらう企画の一環だ。

関連記事:YouTube Premium加入者対象にiOSホーム画面でのビデオ視聴をテスト中

プレミアムユーザーは、デフォルトで動画をダウンロード可能になり、アップローダーにオプトインする必要はない。Chrome、Edg、Operaの最新バージョンを使っている人は、動画を見ているときに「ダウンロード」ボタンをクリックするか、閲覧中に3ドットメニューをクリックする。すると自分がダウンロードした動画にアクセスできるようになる。サイドバーのナビゲーションからもダウンロードフィードにアクセスできるようになる。

画像クレジット:Youtube(TechCrunchがスクリーンショット)

画像クレジット:Youtube(TechCrunchがスクリーンショット)

ただしこれまでのサードパーティのサイトと違って、動画ファイルをユーザーのハードディスクに永久に保存することはできない。

YouTubeによると、ユーザーはキャッシュされたバージョンの動画にアクセスできる。Netflixの番組をダウンロードして、飛行機の上でオフラインで観るのと同じだ。ダウンロードした動画は、オフライン状態でYouTubeのウェブサイトにアクセスすることで観ることができる(オフラインであるというテキストが表示され、ダウンロードした動画が表示する新たなページに移動する)。

この機能はYouTubeのProgressive Web App(PWA)アプリにもある。ダウンロードしたYouTube動画は、ユーザーのインターネット接続が30日以内であれば消えない。

この機能はAndroid Policeが発見した。彼らはYouTube.com/newのサイトの変化に気づいた。この機能の公式提供のスケジュールについてYouTubeは口をつぐんでいるが、一般的なプレミアム会員が実験にアクセスできるのは、プレミアムの新規登録や登録更改のときだ。

画像クレジット:Valera Golovniov/SOPA Images/LightRocket/Getty Images

原文へ

(文:Amanda Silberling、翻訳:Hiroshi Iwatani)