Brave(企業・サービス)

プライバシー重視のBraveブラウザで利用できる非トラッキングのビデオ会議ツールが一般公開

次の記事

日本財団らが手話習得ゲーム「手話タウン」正式版をローンチ、スマホ対応や音声からの手話作成などの目標も

Braveは、社名と同じ「Brave」という名前のトラッキングをしないブラウザで知られるスタートアップだ。同社が提供するトラッキングをしないビデオ会議のアドオンがベータの段階を終了した。誰でもBraveブラウザからすぐにビデオ通話を開始することができる。

Brave Talkというこのツールは、2020年5月からベータテストが実施されていた。同社がTechCrunchに語ったところによると、ベータテスト期間中のDAU(デイリー・アクティブ・ユーザー)、つまりBraveブラウザのテストバージョンから参加したアーリーアダプターと開発者は1万4000人ほどだったという。

このBrave Talkが一般に公開された。Braveは「プライバシーを重視した」ビデオ会議としてインターネットユーザーにアピールしている。

同社は一般公開を発表するブログ記事の中で「Zoomなど多くのビデオ会議プロバイダーは、通話やメタデータ、画像をモニターしており、こうしたデータの記録はユーザーの同意なしに販売されたり共有されたりすることがあります」と書いている。

ブログ記事はさらに「Brave Talkの通話では複数レイヤーの暗号化を有効にできるので、盗み聞きしようする人がいても聞くことはできず、我々のサーバーにメタデータは保存されません。したがって、ユーザーの同意なく通話、画像、アクティビティが記録されたり共有されたりすることはまったくありません」と続く。

Brave Talkのプレミアム機能(グループ通話や通話の録画など)は月額7ドル(約770円)で利用できる。ただし1対1の通話は無料で無制限だ(AndroidとiOSのBraveアプリは今のところプレミアムにのみ対応しているが「数週間のうちに」無料版も利用できるようになる予定となっている)。

ビデオ通話はBraveブラウザから開始する必要があるが、招待される側は「モダンブラウザ」(Chrome、Firefox、Safari、Edge、Operaなど)ならどれでも参加できる。

Braveは非トラッキングの認証情報であることをZoomなどの主力ビデオ会議ソフトウェアとは異なる利点として売り込んでいるが、Brave Talkは(今のところはまだ)エンド・ツー・エンド暗号化に対応していないことには注意が必要だ。

Braveによれば、Brave Talkは8×8が手がけるオープンソースのビデオ会議プラットフォームであるJitsi as a Serviceを利用している。これはWebRTCオープンソーステクノロジーでブラウザに直接HDビデオを埋め込めるようにするものだ。

暗号化に関しては、設定で複数のレイヤーを有効にできるという。Braveは、Brave Talkの無料版でもプレミアム版でも「Videobridge暗号化」で現時点では最も強力なレベルで暗号化されると説明している。

同社の共同創業者でCEOのBrendan Eich(ブレンダン・アイク)氏は「この設定により、ビデオとオーディオのストリームが参加者によって生成されるキーを使って暗号化され、Videobridgeサーバーで盗み聞きが防止されます。Videobridge暗号化は『Security Options』から有効にできます」と述べている。

同氏はさらにTechCrunchに対し次のように述べた。「『エンド・ツー・エンド暗号化』という言葉がまぎらわしく大げさであると判断したため、Brave Talkではこの設定を『Videobridge暗号化』としました。ビデオ会議に参加する際に、エンド・ツー・エンド暗号化の通話はプライバシーとセキュリティの1つの側面でしかありません。暗号化を利用していても、『大手』のビデオツールの大半は、会話の参加者や開始時刻と継続時間など多くの情報に関して積極的にデータを集め保管しています」。

「Brave Talkが採用している匿名の資格情報システムにより、我々は利用者や会話の相手を知ることはできず、複数のセッションにわたって関連づけることもできません。Brave Talkはユーザーを追跡しない、プライバシー・バイ・デフォルトのツールです」とアイク氏はいう。

Videobridge暗号化とエンド・ツー・エンド暗号化の違いを明確にするために、同氏はTechCrunchに対しさらに次のように述べた。「Videobridge暗号化はオーディオとビデオをBrave、8×8、パッシブに盗み聞きしようとする人のいずれからも暗号化された状態にしていますが、我々が『Videobridge暗号化』と呼び『エンド・ツー・エンド暗号化』と呼ばない理由は、我々と8×8が協力し、会議の参加者を自動で認証してアクティブな攻撃者に対してさらに堅牢にしようとしているからです。この開発が完了すれば、自信を持って完全なエンド・ツー・エンド暗号化と言えるようになります。Zoomでは参加者がセキュリティコードを声に出して読み上げ、エンド・ツー・エンド暗号化されていることを確認しますが、こうしたプラットフォームに対して我々の圧倒的なアドバンテージになります」。

Brave Talk(以前はBrave Togetherと呼ばれていた)を試すには、通話を開始するためにまずBraveブラウザをダウンロードする必要がある。前述の通り、通話を受ける側はBraveでなくてかまわない。

アイク氏によれば、Braveの非トラッキング製品全体でMAUは3600万人を最近超えたという。これには検索エンジンとFirewall+VPNが含まれる。

関連記事
プライバシー重視ブラウザ「Brave」、非追跡型検索エンジンのベータ版をリリース
プライバシー重視のブラウザ開発Braveが独自の検索エンジンを発表、欧州版Firefoxの元開発者と技術の協力で
画像クレジット:Brave

原文へ

(文:Natasha Lomas、翻訳:Kaori Koyama)