きずなグループ(組織)

個人向け銀行ローンマッチングの「クラウドローン」がマイカーローン借り換えに伴う自動車名義変更の代行受付を開始

次の記事

ブロックチェーンベースの暗号化でサイバー侵害のパンデミックを終わらせるTide Foundation

個人向け銀行ローンマッチングプラットフォーム「クラウドローン」を運営するクラウドローンは9月24日、信販系ディーラーローンから銀行マイカーローンへ借り換えの際に発生する、車の所有権名義変更の手続きに関する代行サービスをスタートしたと発表した。行政書士法人きずなグループとの提携により実施する。

開始日は9月25日10時から。代行費用は1万5000円から(手続内容に応じて追加費用あり)。申請するには、クラウドローンに依頼登録後、銀行からオファーがあった場合に表示されるアンケートフォームより申し込む。

クラウドローンは、貸し手である銀行と借り手である個人を、オンラインでつなぐマッチングプラットフォーム。提携の銀行から直接融資の提案を受け取ることができ、顧客が自分自身にピッタリのローン選びができる。

クラウドローンは、2020年1月のリリース以降ユーザー数1万9000名を超える登録があり、銀行マイカーローンを中心に多くの申し込みがあるという。特に、8~9%台の金利で利用されている中古車販売の信販系ディーラーローンに比べ、銀行マイカーローンの場合は2%前後の低金利で利用できるため、ローンの借り換えで申し込むケースがあるそうだ。高いローンであることを知らずに契約してしまった場合、残りの返済期間が長いほど借り換えのメリットがあるため、極力早い段階で借り換えることで、返済額の負担を大幅に削減できる。個人向け銀行ローンマッチングの「クラウドローン」がマイカーローン借り換えに伴う自動車名義変更の代行受付を開始

一方、必要な手続きとしては、銀行マイカーローンの契約に切り替える場合、信販系ディーラーローンの返済中は、ディーラーや信販会社に車の所有権が留保された状態であるため、借り換えには、所有権の名義を利用者自身に変更する必要がある。またこの名義変更は、陸運局で行う必要があり、書類の手配など煩雑な手続きに時間を要する場合があるという。

そこで、クラウドローンでは、全国で代行対応が可能な行政書士法人きずなグループとの提携により、オンラインで代行の依頼を行えるサービスを開始することにした。

代行費用は、基本費用(書類手配+名義書換)で1万5000円からの対応となるものの、銀行マイカーローンへの借り換えが成功した場合の返済総額の差分を考慮すると、ユーザーにとってメリットとなるものとしている。

代行の内容

  • 陸運局で行う手続:申請書の作成から新しい車検所の交付まで、陸運局で行うすべての手続きを現地行政書士が対応。名義書換を行う陸運局の営業時間は、平日8時45分から16時まで
  • 管轄警察署で行う手続:車庫証明記載の保管場所が変更となる場合には、管轄警察署での手続きが必要。保管証明書から、配置図・使用権原証明など必要書類を警察へ届け出る必要がある
  • ナンバープレートの付替え:現地行政書士がナンバープレートと車検証原本を顧客に回収に行き、支局に持ち込みナンバー変更と車検証の書き換えを行う。車を借りて支局に持ち込み、ナンバー変更と車検証の書き換えも代行が可能

特に、陸運局で行う名義変更の手続きは、営業時間が短いこともあり、混んでいる場合には2時間程待たされる場合もあるという。住所変更などがあれば、警察署への車庫証明の届け出や、ナンバープレートの付け替えも行う必要がある。これら煩雑な手続きを、全国の行政書士が対応するとしている。