セキュリティ
個人情報 / 個人情報保護(用語)
Eメール(用語)
プライバシー(用語)
1Password(企業・サービス)

1Passwordがプライバシー保護のためのログイン用電子メール生成機能を導入

次の記事

統合が進むRPA業界、Blue PrismがVistaに約1652億円で売却される

iPhoneとMacのユーザーは2019年以来、新しいウェブサイトやサービス、アプリにアクセスするとき「Appleでサインイン」でランダムな電子メールアドレスを作り出すことでプライバシーを保護できるようになっている。大きな影響を及ぼすことができる小さな機能の1つであり、似たような機能が1Password(ワンパスワード)にも導入される。

同社はMasked Emailと呼ばれる機能を導入するために、電子メールホストFastmail(ファストメール)と提携した。Appleのものと同様、Masked Emailではログインのためにユニークな電子メールアドレスを生成することができる。1Passwordアプリ内で直接エイリアスを生成でき、つまりパスワードマネジャーが利用できるあらゆるプラットフォーム上でこのツールにアクセスできる。

あなたの電子メールを隠す能力は、どれだけ誇張してもし過ぎることはないあなたのオンラインプライバシー保護をサポートできる。プライバシー侵害の大半はフィッシングの電子メールから始まる。まず第一にそうしたメッセージを受け取らなければ、疑わしいリンクをクリックしたり、個人情報を不注意に共有したりというのはなくなるだろう。

編集部注:本稿の初出はEngadget。執筆者のIgor BonifacicはEngadgetの寄稿者。

関連記事
企業の秘密を「マシン・ツー・マシン」で保護する1Passwordが110億円調達、約2180億円の評価額に
1Passwordが企業秘密管理のSecretHubを買収、法人向け総合サービス展開へ

原文へ

(文:Igor Bonifacic、翻訳:Nariko Mizoguchi