新Amazon Echoデバイスは音声をローカルで処理してプライバシーをさらに強化

次の記事

AI創薬のSyntheticGestaltが約12億円を調達、機械学習モデルの拡張・自社パイプライン拡充に向けウェット試験実施

これまでのAmazon Echoデバイスでは、Alexaがインターネットへの接続してリクエストを処理し、レスポンスを行ってきた。しかし、Wi-Fiに接続するスマートデバイスがいつもウェイクワードを聞いていることに不安を感じる消費者も一部存在していた。Amazonは本日のイベントで、Echo Show 10と最新のEchoをはじめとするAmazon Echoデバイスは、音声情報をクラウドへ送らずにローカルで処理できるようになったと発表した。

Amazonは、自分たちはこのようなプライバシーファーストの技術をスマートスピーカーで提供する初めての企業だと主張する。2020年、Amazonは現行のAmazon Echoデバイスを動かす「AZ1 Neural Edge」プロセッサーを発表したが、新しいEcho Show 15には「AZ2」プロセッサが搭載される。同社によると、このプロセッサーは前世代に比べて22倍のTOPS(1秒間に数兆回の演算)が可能だという。

Echo Show 15は、ローカルでの音声処理に加えて「ビジュアルID」と呼ばれる新機能をサポートする。これによりAlexaは、1つのビューフレームに複数の人がいるとき、各人を認識できる。個人化されたコンテンツを送ることができるので、たとえばカレンダーの内容を尋ねたら、その日のその人の予定を教えてくれる。他の家族のスケジュールを教えることはない。

Amazonによると、このビジュアルIDもプライバシーがを基本に作られているという。この機能はオプションであるため、使用したい場合は登録が必要だ。また、すべての処理がローカルで行われ、自分のビジュアルIDはいつでも削除することができる。

画像クレジット:Amazon

原文へ

(文:Amanda Silberling、翻訳:Hiroshi Iwatani)