逮捕(用語)

ロシア当局が反逆罪でサイバーセキュリティ企業Group-IBのCEOを逮捕

次の記事

Twitchで活動するゲーム配信者の動画クリップをNFTで取引するマーケットプレイス「Eternal」

ロシア当局は、同国で最大のサイバーセキュリティ会社の1つであるGroup-IB(グループIB)の共同創業者でCEOのIlya Sachkov(イリヤ・サチコフ)氏を反逆罪で逮捕し、身柄を拘束した。

サチコフ氏の拘束についての詳細は不明だが、当局はGroup-IBのオフィスを捜索したとロシアのメディアが伝えた、とロイターは報じている。ロシア国営通信社のタスは、現地時間9月28日に逮捕されたサチコフ氏は、名前は伏せられている外国政府に国家機密を転送した容疑で逮捕されたと報じ、報道によるとサチコフ氏は容疑を否認している。

Group-IBはCEOの逮捕を認めたが、広報担当は社のウェブサイトにある声明以上のコメントはしなかった。同社はモスクワの裁判所の判断を精査していて、サチコフ氏の無罪に「自信がある」とウェブサイトには書かれている。

Group-IBは声明で、サチコフ氏不在の間、共同創業者のDmitry Volkov(ドミトリ・ボルコフ)氏が社を率いると述べた。裁判所の命令で、サチコフ氏は少なくとも2カ月間は拘束される。「Group-IBの全部門が通常通り営業します」と声明にはある。

広報担当はタス通信の報道にあった容疑についてコメントしなかった。反逆罪で有罪となった場合、最長20年の懲役となる。

35歳のサチコフ氏は2003年にGroup-IBを創業した。現在シンガポールに本社を置く同社は、企業や政府がサイバー攻撃やオンライン詐欺を調査するのをサポートしていて、国際刑事警察機構(Interpol)やロシアの銀行、防衛企業などを顧客に抱える。

2016年の米大統領選挙に干渉したとして米政府がロシア政府を非難した後、Group-IBは2018年に本社をシンガポールに移した。当時サチコフ氏は、新本社に3000万ドル(約34億円)を投資し、新たに90人を雇用すると述べた。サチコフ氏はこれまでロシア政府に批判的で、シンガポールへの移転は事業を拡大し、独立性を保つための取り組みの一環だと話していた。

米司法省は2020年に、Nikita Kislitsin(ニキタ・キスリトシン)氏の2014年の公訴を公開した。公訴ではキスリトシン氏はネットワークセキュリティ責任者としてGroup-IBに入社する前の2012年にFormspringから盗まれたクレデンシャルを販売しようと共謀していた、との容疑がかけられた。米検察はGroup-IBの不正行為を告発しなかったが、同社はキスリトシン氏が不正を行ったことを示すものは「何もない」と述べて同氏を擁護した。

画像クレジット:Peter Kovalev / TASS / Getty Images

原文へ

(文:Zack Whittaker、翻訳:Nariko Mizoguchi