モビリティ
キッチン(用語)
電気自動車 / EV(用語)
Rivian / リビアン(企業)

Rivianの電動ピックアップトラックR1T搭載「キッチン」も生産体制整う

次の記事

NASAが航空機用電動推進技術の開発で民間2社に助成金2812億円

Rivian(リビアン)は2019年にアリゾナ州フラッグスタッフで開催されたOverland Expo Westに出展し、現在Camp Kitchen(キャンプキッチン)として知られるもののプロトタイプを披露した。2022 Rivian R1T電動ピックアップトラックが組み立てラインに乗って生産体制に入った現在、キッチンの最終バージョンも佳境を迎える準備が整っている。

Rivianは初披露して以来、キッチンに数多くの変更を加えてきた。ここには2つの脇役の追加が含まれる。その脇役とは、キッチンを取り付けるシャトルシステムとSnow Peakの食器セットだ。

下にある動画には生産準備が整ったCamp Kitchenの間近での様子が映っており、同社の料理プログラム担当シニアマネジャー(別名フード男)Josh Glaser(ジョッシュ・グレイザー)氏がRivianの工場でアクセサリーがどのように使われ、そしてテストされてきたかについて情報を提供している。

読者のために少しスペックを紹介しよう。Camp Kitchenはアップグレードを図る5000ドル(約56万円)のオプションだ。期間限定でトンネル型のシャトルとSnow Peakキッチンセットが含まれている。ゆくゆくは、キッチン設置を選択する購入者は1500ドル(約17万円)払ってキッチンをのせるRivian Gear Tunnel Shuttleを付けなければならなくなる。

このトンネル型のシャトルはキッチンを支え、給電する。キッチンを固定するプラットフォームは3つの選択肢がある。Rivianは将来、他のアクセサリーのためにもこのシャトルを使う計画だ。シャトルは120V ACと12V DCの電源プラグ2つを備え、トラック車体から引き出したとき重さ(約90キロ)まで支えることができる。

表面がRichlite(耐久性のある圧縮紙樹脂)のキッチンには、1440ワットの電磁調理バーナー2つ、加圧ポンプが付いている容量約4ガロン(15リットル)の水タンク、潰して取り外しができるシンク、Snow Peakのキッチンセット30点を収納できるコルクが敷かれた引き出しが備わっている。キッチンセットにはナイロン製スパチュラ、竹製スパチュラ、トング、お玉杓子、ナイフ2つ、コルク栓抜き、缶切り、ピーラー、チタン製カトラリー(ナイフ、フォーク、スプーン)セット、食器、積み重ねできるマグカップ、まな板、大きな鍋2つ、コーヒーミル、ヤカン、コーヒー淹れ用スタンドが含まれる。

そして夜に雰囲気を出すのに使えるライトもついてくる。

画像クレジット:Kirsten Korosec

原文へ

(文:Kirsten Korosec、翻訳:Nariko Mizoguchi