TikTokがNFT市場に参入、トップクリエイターの作品を販売

次の記事

テスラ第3四半期の販売台数は半導体不足にもかかわらず過去最多24万1300台

2021年、NFT(非代替性トークン)の分野はかなりの盛況を呈している。数千億円規模の暗号化投機を、潜在的なインフラの変化から切り離すことは難しいかもしれないが、多くの主だったテック系企業がこの分野に足を踏み入れ、今後の関心を示している。

そして今度はTikTok(ティックトック)の番だ。全世界の月間ユーザー数が10億人を突破した急成長中のソーシャルメディアプラットフォームは、Lil Nas X(リル・ナズ・X)氏、Grimes(グリムズ)氏、Bella Poarch(ベラ・ポールチ)氏、Rudy Willingham(ルディ・ウィリンガム)氏、Gary Vaynerchuk(ゲイリー・ヴェイナチャック)氏などのトップクリエイターのコンテンツを活用し、独自のNFT作品を用意している。

今回の唯一限定のNFTのリリースは、アプリ内のユーザーにNFTを提供することが目的というよりも、既存のNFTコミュニティに話題を提供することに重点を置いているように思われる。

TikTokは、ブロックチェーンのエネルギー問題を回避するために、イーサリアムのレイヤー2スケーリングソリューションであるImmutable X(イミュータブル・エックス)を活用した専用サイトにNFTを置き、このサイトを利用して取引されたNFTは「100%カーボンニュートラル」であると述べている。NFTの公開は、10月6日にLil Nas Xのコレクションから始まり、月末まで続く予定だ。

そもそも、なぜTikTokはNFTの世界に参入するのだろうか?それについては、TikTokのドロップサイトにかなり的確な答えが書かれている。

TikTokのクリエイターコミュニティの創造性と革新性に触発され、TikTokは新たなクリエイターを力づけるツールとしてのNFTの世界を模索しています。NFTは、クリエイターがコンテンツを評価され、報酬を得るための新しい方法であり、ファンはTikTokにおいて文化的に重要な瞬間を所有することができます。

TikTokで生まれる創造は、文化を牽引し、社会に影響を与えるトレンドの発生を後押しします。TikTokは、このような文化的に重要な瞬間をキュレーションし、著名なNFTアーティストと組み合わせることで、NFTの世界に格別で画期的なものをもたらします。

これまでTwitter(ツイッター)やFacebook(フェイスブック)のようなレベルのNFTに対する関心を示してこなかったTikTokにとって、これは明らかにニッチな初期の試みではあるものの、同社がNFTは注目に値する分野であると考えていることを表すものでもある。

関連記事:ツイッター「ビットコインのチップ」「NFTの認証」「スペースの録音」、クリエイター向けファンド」など新機能ラッシュ再開

画像クレジット:AaronP/Bauer-Griffin/GC Images / Getty Images

原文へ

(文:Lucas Matney、翻訳:Hirokazu Kusakabe)