D-Waveが量子ゲート方式の量子コンピューター製造を計画中

次の記事

プライバシー重視のモバイルブラウザー「Firefox Focus」アップデート、新ロゴ、ショートカット機能などなど追加

20年以上にわたり、D-Waveは量子アニーリングの代名詞だった。早期にこのテクノロジーに賭けたことで、世界で初めて量子コンピューターを販売する会社になるとともに、同社のハードウェアが解くことのできる現実世界の問題をある程度限定した。それは量子アニーリングがタンパク質折り畳みやルート選定などの最適化問題で特に有効であるためだ。しかし同社は米国時間10月5日のQubitsカンファレンスで、超電導量子ゲート方式量子コンピューターをロードマップに載せたことを発表した。同じタイプをIBMをはじめとする他社がすでに提供している。

D-Waveは、アニーリングとゲート方式の量子コンピューターと従来型コンピューターの組み合わせこそ、同社のユーザーがこのテクノロジーから得るべき最大の価値だと信じている。「最初にアニーリングを追究すると決めた時と同じように、私たちは将来を見据えています」と同社がこの日の発表で語った。「私たちは当社の顧客が実務的価値を促進するために何を必要としているかを予測しており、実務的応用価値を備えた量子誤り訂正ゲート方式システムが、量子アプリケーション市場のもう1つの重要部分である量子シミュレーションシステムに必要であることを知っています。これは材料科学や医薬品研究などの分野で特に有効な応用です」。

画像クレジット:D-Wave

以前同社は、アニーリングは量子アプリケーションを作る最速の道だと主張していた。現在およそ250社のD-Waveユーザーが同社ハードウェアのアプリケーションを作っていて、事実上全ユーザーが同社のLeap(リープ)クラウドサービスを通じてアクセスしている。さらに、量子アニーリングにはそれ自体明確な価値があるので、D-Waveはそれを捨てるつもりはない。「アニーリングは今もロードマップの中心です」と同社は言い、今後も現行システムへの投資と開発を続ける計画だ。実際、D-Waveはアニーリング(およびそれが可能にする最適化への応用)が量子アプリケーション市場の約1/3を占めていると信じている。

しかし同社は、これが戦略の大転換であり、それには少し説明が必要であることもはっきりわかっている。そもそもD-Waveは何年も前から同社のアニーリング技術がいずれは汎用量子コンピューターにも利用できると発言していた。しかし、背景にある技術と理論が成熟し、関連する材料工学の課題をD-Wave自身が学習したことから、今こそ「技術、理論の両面から見て、ゲート方式の課題に真っ向から直面する最適な時期」だと会社は考えている。

D-Waveは、これが平坦な道のりではないことも公言してはばからない。何といっても、これはやはり量子コンピューティングなのだ。それを踏まえると、同社ゲート方式のプロセッサーのロードマップに日付がなく、最初のキュービットの開発(フェーズ1)から汎用量子処理装置(QPU)の開発までのフェーズだけが記載されていることも納得できる。

ゲート方式のニュースは今日の見出しを飾る出来事ではあるが、D-Waveは他にもいくつか発表した。同社は最新の5000+量子ビット、Advantage(アドバンテージ)クラスの機種の性能改善アップデートを公開した。同社は、Constrained Quadratic Model(CQM)ソルバーも発表した。D-WaveのLeapサービスで現在提供されているソルバー群を補完するものだ。

全体的ロードマップでは、D-Waveは、7000量子ビット以上を搭載し、新たなトポロジーで20-way connectivityを実現したAdvantageの最新機種(デザインも改訂される)を2023年または2024年に発売予定だ。また来年以降、混合整数問題を解くことで薬剤の臨床試験や化学プロセス最適化、流通、スケジューリングなどに利用できる新たなハイブリッド・ソルバーを公開していく予定だ。

しかし、真の最終目標は、顧客がさまざまなハードウェアとソフトウェアの組み合わせを利用して、事実上どんな問題にも量子コンピューティングで取り組める、深いレベルまで統合されたシステムを提供することだ。

「量子テクノロジーに対する当社の全力アプローチは、チップ製造からシステム開発まで、ハイブリッド・ソフトウェア・ソルバーから堅牢なオープンソース開発ツールまでを含むもので、これは当社が、定常的な製品イノベーションを繰り返しながらクロスプラットフォームのスタックをいち早く市場に届ける世界で唯一の会社であることを意味しています」とD-WaveのCEOであるAlan Baratz(アラン・バラッツ)氏は語った。

画像クレジット:D-Wave Systems

原文へ

(文:Frederic Lardinois、翻訳:Nob Takahashi / facebook