テトラ・アビエーションがアメリカで試験飛行中の空飛ぶクルマ・新型eVTOL「Mk-5」の飛行動画を公開

次の記事

セガトイズがPC型トイ「すみっコぐらしパソコン」限定カラー版を10月14日オンライン発売

個人向けeVTOL(電動垂直離着陸航空機)を開発するテトラ・アビエーションは10月7日、アメリカで試験飛行中の新型機「Mk-5」(マークファイブ)の飛行映像をYouTubeで公開した。この航空機はすでに予約受け付けを始めており、2022年末ごろから順次出荷される予定。

Mk-5は、2021年9月に米連邦航空局(FAA)より試験飛行用の特別耐空証明証と、米国内の空域の飛行を許可する飛行許可証を取得し、カリフォルニア州バイロン空港で試験飛行を行っている。

7月にアメリカで開催された航空機イベント「AirVenture OSHKOSH 2021」で、テトラは実機を初公開し、予約の受け付けを開始した。Mk-5は、個人で飛行機のキットを購入して組み立て飛行を楽しんでいる愛好家をターゲットにキット販売されるが、日本でも購入は可能とのこと。今回の販売で、利用者からのフィードバックを得て量産型を開発し、2025年開催予定の大阪万博で2拠点移動サービスを行う機体を準備したいとテトラでは話している。