カウンセリング(用語)

コーセーが5年後と10年後のシワのレベルを予測するウェブサービスを開発、未来のシワを予測する数理モデル応用

次の記事

【コラム】データプライバシーを全世界的に標準化すれば、それは真の意味で人類の進歩となるはずだ

コーセーは10月11日、現在の顔写真から将来のシワの状態を予測するウェブサービスを開発し、10月12日から展開すると発表した。これは、2021年2月に開発を発表した、将来のシワの状態を予測する数理モデルを応用したもの。

このウェブサービスは、コーセーのデジタルカウンセリングツール「KOSÉ HADA mite」(コーセーハダミテ)の一機能として提供される。「皮脂量」と「年齢」を入力し、スマートフォンやタブレットで顔写真を撮影すると、「今日」「5年後」「10年後」のシワレベル(目尻のシワの目視評価値)が8段階で予測され、将来のシワ発生リスク(6段階)と肌タイプの分析、最適なお手入れ方法のアドバイスが示される。

このツールに応用されている数理モデルは、情報システム研究機構 統計数理研究所 医療健康データ科学研究センター(野間久史准教授)との共同研究により開発したもの。また、コーセー研究所で7年間蓄積してきた、22歳から60歳の日本人女性社員48名の肌情報データを基に構築されたという。コーセー研究所では、水分量、経皮水分蒸散量、皮脂量、肌色の明るさ、肌色の赤み、肌色の黄みがシワレベルと強い相関関係があると予測しデータを取得していたが、個人差などの要素を考慮した推定が可能なマルチレベルモデルを用いて分析したところ、シワレベルに大きく関連する要因は、年齢、肌色の明るさ、肌の赤み、皮脂量の4つに絞り込まれた。これにより、個々の年齢と肌の状態からシワレベルを定量的に予測することが可能となった。コーセーが5年後と10年後のシワのレベルを予測するウェブサービスを開発、未来のシワを予測する数理モデル応用

今後は「美容カウンセリングやセルフ診断などに応用することで、お客さまが実感できるシワ予防のサービスや商品開発に繋げていきます」とのことだ。