Scheeme(企業)

企業や個人事業主対象に融資・補助金による資金調達支援を行うSaaS「Scheeme」を手がけるScheemeが1億円調達

次の記事

インスタグラムが潜在的に有害なコンテンツを見続けるのをやめるよう10代ユーザーを「誘導」する機能の導入を約束

Scheemeは10月11日、プレシリーズAラウンドにおいて、第三者割当増資による1億円の資金調達を実施したことを発表した。引受先は、既存株主のジェネシア・ベンチャーズのGenesia Venture Fund 2号投資事業有限責任、またキャナルベンチャーズ。シードラウンドからの累計調達額は1億5000万円となった。

2016年9月設立のScheemeは、企業や個人事業主が資金調達を行う際に必要な計画書類・申請書類をクラウド上で作成できるサービス「Scheeme」を提供するスタートアップ。2020年4月のβ版ローンチから、2021年9月時点で利用社数は200社を超えており、売上も順調に推移しているという。調達した資金により、Scheemeのマーケティング施策と人材採用・組織体制強化を進めていくとのこと。企業や個人事業主対象に融資・補助金による資金調達支援を行うSaaS「Scheeme」を手がけるScheemeが1億円のプレシリーズA調達

同社SaaSでは、融資や補助金の申請に必要な「収支計画書・資金繰り表」や行政によって定められた補助金の申請書を作成・管理でき、資金調達がスムーズに進められるとしている。事業計画書を会計ソフトと連携して自動的に進捗状況を確認可能。さらに、融資や補助金について1000件以上が掲載されたデータベースにアクセスできるといった機能を備えている。

企業や個人事業主対象に融資・補助金による資金調達支援を行うSaaS「Scheeme」を手がけるScheemeが1億円のプレシリーズA調達

なお同社は、2021年2月26日に「経営革新等支援機関」として認定(登録番号:106613012612)されたほか、4月12日には「電子決済代行業」の登録が完了している(関東財務局長(電代)第83号)。