フードテック
代替肉 / 植物由来肉(用語)
マクドナルド / McDonald’s(企業)
Beyond Meat(企業)

マクナルドが米国の一部都市でBeyond Meatの植物由来肉を使ったMcPlantバーガーを発売

次の記事

【コラム】Twitchのハッキング、「強奪」は新しいランサムウェアのかたちなのか

2021年2月にBeyond Meatとの契約を発表したMcDonald’s(マクドナルド)は、米国時間10月14日の朝、植物由来のBeyond Meatを使ったバーガーの販売を2021年11月から一部店舗で開始すると発表した。

11月3日に登場するMcPlantバーガーは、同社の8つの店舗(テキサス州アービングとキャロルトン、アイオワ州シーダーフォールズ、ルイジアナ州ジェニングスとレイクチャールズ、そしてカリフォルニア州エルセグンドとマンハッタンビーチなど)で販売される。

いまだ初期段階であるため、マクドナルドは今回の販売をBeyond製パテの「テスト」と呼ぶ。その原料は、豆や米、ポテトなどの植物だ。2021年10月に同様のテストをスウェーデンやデンマーク、オランダ、オーストリア、英国 / アイルランドなどで行っている。

マクドナルドによると「そのパテは、トマトとレタス、ピクルス、玉ねぎ、マヨネーズ、ケチャップ、マスタード、そしてアメリカンチーズのスライスと一緒に挟まれる。味はマクドナルドの象徴的なものです。なぜならそれはマクドナルドのバーガーだからだ」。この最後の文章は、人によって反応がまちまちかもしれない。

同社によると、今後のMcPlantには植物由来のチキンやポーク、それに卵も使っていきたいという。

Beyond Meatは2021年2月に、Yum Brandsと提携している。同社の傘下にはKFCやPizza Hut、Taco Bellなどがある。競合するImpossible Foodsは、Burger KingやStarbucks、 White Castleなどと契約している。

画像クレジット:McDonald’s

原文へ

(文:Brian Heater、翻訳:Hiroshi Iwatani)