人工知能・AI
AI / 人工知能(用語)
開発 / 開発者 / デベロッパー(用語)
アプリ / モバイルアプリ(用語)
資金調達(用語)

誰でも簡単にアプリにAIを利用できるようにするSpice AI

次の記事

WhatsAppはチャットのバックアップをクラウド上で暗号化する新機能をついに展開

シアトルのSpice AIは、開発者が自分のアプリケーションの中でAIを容易に利用できるようにする。同社は米国時間10月14日、100万ドル(約1億1000万円)のシード資金を調達したことを発表した。

大きなラウンドではないが、投資家たちの顔ぶれには目を見張るものがある。Madrona Venture GroupとPicus Capital、TA VenturesそしてエンジェルはGitHubのCEOであるNat Friedman(ナット・フリードマン)氏とMicrosoft AzureのCTOであるMark Russinovich(マーク・ルシノビッチ)氏だ。プラットフォームを支えるチームもそうそうたるメンバーで、CEOのLuke Kim(ルーク・キム)氏はMicrosoftに10年在籍しており、AzureではIncubationsチームを共同で作り、エンジニアリングのチームを率いてDaprを創業した。またCTOのPhillip LeBlanc(フィリップ・ルブラン)氏は、Azure Active DirectoryとVisual Studio App Centerで仕事をし、GitHub対応を担当した。

チームによると、現在でもAIをアプリケーションに組み込むことは難しすぎる仕事だ。Microsoft時代にキム氏は、ニューロフィードバックの個人的なプロジェクトを始めた。彼はこのような治療方法をもっと利用しやすくするために、脳波データの時系列を分析するAIシステムを作ろうとしたが、いまだに非常に難しいことを知った。

「非常に難しくて、おもしろいものでした。Microsoftにいたので、必要なリソースはすべてありました。しかしサイドプロジェクトをやろうとすると、リソースはありませんでした。どちらのケースでも、AIやMLをアプリケーションに統合することはすごい難しいものでした」とキム氏はいう。

この10年間でAIは大きく進歩したが、その進歩を受けてインテリジェントなソフトウェアを構築するまでには、まだ大きなギャップがあるとキム氏はいう。

画像クレジット:SpiceAI

「それが最後の1マイルだと考えています。光ファイバーのインフラは整備されましたが、実際に家につなぐのに時間がかかりました。これは、アプリケーションで現実にMLを使用するためのテーマです。私たちはこのギャップを埋めて、開発者がとても簡単に利用できるようにしたいと思います」とキム氏は語る。

Spice AIを創業するにあたり、チームはDaprから多くのことを学んでおり、VercelがNext.jsで行っていることなども参考にしたという。

今となっては、これらすべてが当たり前と思えるかもしれない。なぜなら、現在、多くのスタートアップがAIの敷居を下げることを目指している。キム氏が主張するのは、彼らが行っているのは主にAIの可用性を容易にすることであり、データ分析やビジネスインテリジェンスに多くの人が簡単にアクセスできることを目指している。しかしSpice AIが行っているのは、開発者がAIをアプリケーションに楽に統合できるようにすることだ。そのため同社のターゲットは、データサイエンスのチームではなくプロのデベロッパーだ。

Spice AIのシステム構築で興味深い点は、報酬関数を重視していることだ。これは、開発者がアルゴリズムが最適化すべきものを指定できるというものだ。例えば、空調システムを制御するアプリケーションであれば、電力使用量の削減という結果になる。同社がオーストラリアの小売業者と共同で実施しているプロジェクトでは、顧客が注文した商品の理想的な集荷場所を見つけることに焦点を当てている。この集荷場所は、クルマでの移動時間や商品の在庫状況などの変数によって、必ずしも最も近い場所とは限らない。

また、同社は「Spicerack」というパッケージマネージャーを構築し、開発者が報酬機能付きのマニフェストを公開することで、他の人が自分のユースケースに再利用できるようにしている。

このようなプロジェクトの常として、Spice AIのチームもそのアイデアをオープンソースのプロジェクトとしてローンチしている。今後リリースする商用バージョンでは、エンタープライズのサポートも含まれるが、チームはクラウドサービスのバージョンや、エンタープライズが自分のモデルをホストできるためのプライベートなレジストリも考えている(「Spicepods」という)。

Madrona Venture Groupのパートナーで最近までMicrosoft CloudのGMでCOOだったAseem Datar(アセム・ダター)氏は次のように語っている。「Madronaは10年近く、インテリジェントなアプリケーションに投資してきましたは、AIの開発を既存のワークフローにシームレスに導入して、開発者が高品質なアプリケーションの構築を加速するという、ルークとマークのビジョンは刺激的なものです。まだ始まったばかりであり、これからの彼らの旅に同行できることはエキサイティングです。このような有能なチームと初日から一緒に仕事をしてビジョンの実現に寄与できることはすばらしい」。

画像クレジット:Spice AI

原文へ

(文:Frederic Lardinois、翻訳:Hiroshi Iwatani)