HRテック
新型コロナウイルス(用語)
Compass(企業)
日本(国・地域)
資金調達(用語)

「ワーキングプアをなくす」無料オンラインキャリア相談サービス「CHOICE!」のCompassが2億円調達

次の記事

日本初の「レーザーミニ四駆」デジタルサーキットがグランツリー武蔵小杉に11月17日オープン

オンラインでのキャリア相談サービス「CHOICE!」を提供するCompassは10月18日、シリーズAラウンドにおいて、第三者割当増資による2億円の資金調達を発表した。引受先は、はたらくFUND、マネックスベンチャーズ、田中邦裕氏(さくらインターネット代表取締役社長)。

調達した資金は、AIマッチング機能などの開発体制の強化、営業マーケティングチームの強化にあてる。これらにより、市場開拓に向けた自治体との連携、企業開拓のフォロー体制を整えるともしている。

CHOICE!はより多くのキャリア相談の機会と、ミスマッチの少ない就業機会を作ることを目的とするオンラインサービス。近年はコロナ禍により就業と転職の機会が減少する一方で、CHOICE!でのキャリア相談が増加しているという。相談後には「相談データを活かした転職活動」を提案する「CHOICE!+転職エージェント」の提供も行っているそうだ。これらプロダクトの実績が評価された結果、神戸市や京都市といった自治体での就労支援をDX化する取り組みも広げている。

2017年設立のCompassは「日本からワーキングプアをなくす」ことをミッションに掲げ、LINEアプリを活用し求職者と求人会社のマッチングを行なうスタートアップ。CHOICE!のほか、キャリアアップと働き方に役立つウェブメディア「WORLD Compass」や、LINEを活用したキャリア相談機能を搭載したデジタル母子手帳「Mother Helper」などを運用している。