ネットサービス
規約違反(用語)
SNS / ソーシャル・ネットワーキング・サービス(用語)
モデレーション(用語)
Meta / Facebook / フェイスブック(企業・サービス)

フェイスブックはルール違反したグループメンバーに対してニュースフィード内でランクダウンするペナルティを予定

次の記事

Pixel 6 / 6 Proでグーグルはスマートフォンラインナップを刷新する

Facebookは、Facebookグループの管理者がオンラインコミュニティをより良く管理・運営できるように、グループ機能のアップデートを地道に行ってきた。最近では自動化されたモデレーション機能の提供 や白熱している議論に関するアラート機能といったリリースや、グループを抑制することを目的とした新しいポリシーの発表などが挙げられる。そして米国時間10月20日、Facebookは新たな2つの変更を発表した。今後は、ルールに違反したグループメンバーに対して、より厳格な措置を講じるとともに、新たな「Flagged by Facebook」(Facebookによるフラグ済)機能を使って削除プロセスの透明性を高めていく。

関連記事:フェイスブックが自動モデレーション機能などのグループ管理者向け新ツール発表

具体的には、Facebookプラットフォーム上のあらゆる場所で、Facebookのコミュニティ基準に違反したメンバーのすべてのグループコンテンツの、ランクダウンを開始するとしている。つまり、Facebook内で悪質な行為を行う者は、たとえグループそのもののルールやポリシーに違反していなくても、グループで共有したコンテンツの優先度がランクダウンしてしまう可能性があるということだ。

なお「ランクダウン」とは、そうしたメンバーが共有したコンテンツをニュースフィードの下の方に表示することを意味する。別名「ダウンランキング」とも呼ばれるこうした措置は、これまでもFacebookが、ニュースフィードへの掲載を減らしたいクリックベイトやスパム、さらには報道機関の投稿に対して、ペナルティを科すために行ってきたものだ。

また、Facebookは、ユーザーがFacebook全体でより多くの違反行為を積み重ねるにつれて、これらのランクダウンはより厳しくなるとしている。Facebookのアルゴリズムは、個々のユーザーに合わせてニュースフィードのコンテンツをランク付けしているため、このようなランクダウン措置がどの程度機能しているのか、あるいは機能していないのかを今後追跡するのは難しいだろう。

また、Facebookによると、このランクダウン措置は現在、メインのニュースフィードにのみ適用され、グループタブ内の専用フィードには適用されないということだ。

同社は、この変更によって特定のメンバーが他者の目に触れる機会が減ることを期待している。そしてこのルール違反に対するペナルティが、ユーザーの投稿、コメント、グループへの新規メンバーの追加、新しいグループの作成を制限することなどを含む現在のグループペナルティに加わると指摘している。

もう1つの変更点は「Flagged by Facebook」(Facebookによるフラグ済)という新機能の登場だ。

画像クレジット:Facebook

この機能により、グループ管理者は、Facebookによって自動的に削除フラグを立てられたコンテンツを、コミュニティに公開する前に知ることができるようになる。管理者はその後、コンテンツを自ら削除するか、Facebookの判断を受け入れるかどうかのためにコンテンツをレビューすることができる。もしFacebookの判断に異議がある場合には、コンテンツを残すべきだと考える理由について追加のフィードバックを添えてFacebookにレビューを依頼することができる。これは、自動モデレーションエラーを取り除く役に立つだろう。グループ管理者が関与してレビューを要求できるようにすることで、不必要な攻撃や削除が行われる前にメンバーを保護できるようになるだろう。

この機能は、コミュニティ基準に違反する投稿があった場合に「グループ管理者に投稿を報告」することができる従来のオプションに似ているが、管理者がより積極的にプロセスに関与できる方法を提供する点が異なっている。

Facebookにとって残念なことは、このようなシステムは、グループが積極的に管理されている場合にのみ機能する。残念ながらいつでもそうだとは限らない。グループに管理者がいたとしても、その管理者がFacebookをやめたり、グループの管理をやめたりした場合に、後任の管理者やモデレーターを任命しなければ、そのグループは大混乱に陥る可能性がある。特にそのグループ規模が大きければ大きいほど。4万人以上のメンバーを抱える大規模グループのあるグループメンバーは、彼らの管理者が2017年からグループ内で活動していないと語る。メンバーはこのことを知っていて、モデレーションがないことを利用して、時には好き勝手なことを投稿する者もいるという。

これは、Facebookのグループインフラがまだまだ未完成であることを示す一例だ。もし企業がプライベートグループのためのプラットフォームをゼロから構築する場合、たとえばコンテンツの削除方法やルール違反に対するペナルティなどのポリシーや手順が、何年もかけて追加されることはないだろう。それらは基盤となる要素だからだ。それなのに、Facebookは2010年に登場したグループ機能の中でとっくに確立されていなければならなかったプロトコルを今やっと展開しつつあるのだ。

画像クレジット:TechCrunch

原文へ

(文:Sarah Perez、翻訳:sako)