Walgreens(企業)

ドラッグストアWalgreensがドローン配送をテキサス州ダラス・フォートワース地域で展開

次の記事

高専発スタートアップTakao AIが画像から自動的に点字翻訳する点訳エンジン「:::doc」試用版サイトを無料公開

Alphabet(アルファベット)は米国時間10月20日、子会社Wing(ウィング)とWalgreens(ウォルグリーン)が提携し、テキサス州ダラス・フォートワース地域の一部でドローンによる配送を行うことを発表した。ドラッグストア大手Walgreensは、Alphabetの補助金によって発表された新しい迅速なドローン展開システムを利用する最初の企業となる。

今回の発表に先立ち、Wingはフォートワースに拠点を置くHillwood(ヒルウッド)のAllianceTexas Flight Test Centerでドローンの飛行テストを行っている。今後数週間のうちに、周辺地域のフリスコ市とリトルエルム町でテスト飛行を開始し、今後数カ月のうちにさらなる商業的拡大が期待されている。

画像クレジット:Alphabet

Alphabetは、以前からオーストラリアでシステムのテストを行っており、2019年からはバージニア州の町クリスチャンズバーグで小規模な配送を運用している。同社は、より人口密度の高い地域への拡大を開始するために、アメリカ連邦航空局(FAA)と協力しているという。担当者がTechCrunchに以下のように語った。

2019年4月、Wingは連邦航空局から航空事業者として認定された初のドローン事業者となり、何マイルも離れた受取人に商品を届けることができるようになりました、そして2019年10月にバージニア州でサービスを開始するための許可も得ました。現在は、この許可をさらに拡大するために向けて作業を進めており、その一環として、今後数週間のうちにテストフライトを行い、この地域で新しい機能を実証する予定です。ダラス・フォートワース地域でのサービス開始に先立ち、私たちは地域、州、連邦レベルの当局と協力して、すべての適切な許可を確保します。

今回の初期導入では、ドローンはWalgreensの駐車場から離陸する。また、ドローンのコンテナを格納庫として有効的に活用するこのシステムは、屋根や建物の横にも展開することができる。

「これまで米国でのこの種のサービスは、土地利用が混雑しておらず、複雑ではない小さな町に限られていました」Alphabetは発表で述べた。「Wingの信頼性の高い機体と高度な飛行計画とルーティング機能により、より混雑した複雑な環境でも高度に自動化されたドローン配送サービスを運用できるようになります」。

画像クレジット:Alphabet

原文へ

(文:Brian Heater、翻訳:Yuta Kaminishi)