パブリック / ダイバーシティ
AI / 人工知能(用語)
点字
日本(国・地域)
Takao AI

高専発スタートアップTakao AIが画像から自動的に点字翻訳する点訳エンジン「:::doc」試用版サイトを無料公開

次の記事

グーグルがケニアでクラウドソーシングアプリ「TaskMate」を展開、グローバル展開も検討

「技術で人々の情報格差をなくす」をミッションとするTakao AI(タカオエーアイ)は10月20日、画像データを読み込んで点字に翻訳する点訳エンジン「:::doc」(テンドック)を開発し、試用版の無料体験サービスを開始した。

:::docは、画像データを独自のAIモデルで解析し、全自動で点字に翻訳する。深層学習(ディープラーニング)などの手法を採り入れることで画像の認識度を高め、文字や写真が混在する画像も、そのレイアウトから要約文章を生成でき、代表的な情報を重点的に点訳できるなど、「視覚に訴える情報のコンテキストを反映した自動点訳」を実現した。そのため、学校からの手紙、地域イベントのお知らせ、スーパーのチラシなどもリアルタイムでの点訳が可能となる。

高専発スタートアップTakao AIが画像から自動的に点字翻訳する点訳エンジン「:::doc」試用版サイトを無料公開点字翻訳は、高い専門知識を持つ点訳者によって1文字ずつ行われている。点訳者の数は少なく、また時間がかかるため、世の中の書類はほとんど点訳されていないという。まして、視覚障害者が文字情報をリアルタイムで読むことは大変に困難だった。それに対して:::docは、文字情報を面でとらえ、ほぼ瞬間的に点訳してくれる。

Takao AIは、高専DCONや高専プロコンで実績を持つ学生たちが2021年2月に設立したAIスタートアップ。写真などの画像を点字で伝えることはできないが、「視覚障害者に最大限の情報を伝える努力も社会の合理的配慮に含まれるべき」と話している。

試用版サイトはこちら