ネットサービス
インド(国・地域)
Meta / Facebook / フェイスブック(企業・サービス)
Google / グーグル(企業)
Meesho(企業)

GoogleがFacebookなどが支援するインドのソーシャルコマース「Meesho」に出資か

次の記事

ナノテクを用いた針不要の血糖値モニターのためにGraphWearが約23億円調達

GoogleがインドのソーシャルコマースMeeshoに5000万ドル(約56億8000万円)を投資することを検討している。情報筋によると、Meeshoは最近、5億7000万ドル(約647億3000万円)の資金調達ラウンドを完了したばかりだ

別の情報筋によると、Googleはすでにインドで、半ダーほどのスタートアップに投資しているが、Meeshoにはまだ投資を行っている。

Meeshoの初期の投資家はFacebookやB Capital、SoftBank、Sequoia Capital India、Y Combinator、そしてElevation Capitalなどだが、コマースサービスとしての特徴は、サプライヤー(メーカーや流通企業)とリセラーと顧客の三者を、WhatsAppやFacebook、Instagramなどのソーシャルメディアプラットフォームの上で結びつけるところにある。提示されている製品をリセラーがサプライヤーから買い、それらを顧客に売るときにMeeshoが販売手数料を得る。

このプラットフォーム上では、リセラーの約80%が女性だ。最初から同社は、女性が無資本で自分のビジネスを始められることを目標にしている。その他のeコマース企業同様に、2020年はパンデミックの深刻な被害を被ったが現在ではすっかり回復しており、最近では月を重ねるごとに月間売上の記録を更新している。

インド最大の電子商取引企業Flipkartが最近立ち上げたソーシャルコマースの取り組みに携わる2人の関係者によると、Meeshoの最近の急成長は、Flipkartで何度も真剣に議論されてきたという。

創業者のVidit Aatrey(ヴィディット・アートリー)氏の以前のインタビューによると、2021年4月現在でMeeshoを利用している起業家は1300万名、サプライヤーの数は10万を超えている。それ以降、今日まで、同社は3倍に成長した。

舞台は世界で2番目に大きいインターネット市場だが、まだeコマースがリテールに大きく食い込んでいない。しかしソーシャルコマースの市場は、2020年の10億〜15億ドル(約1136億〜1704億円)から2025年には最大で200億ドル(約2兆2714億円)に成長する、とBernsteinのアナリストは2021年9月に話している

報告書によると「ソーシャルコマースにはインド全体で4000万以上の小規模な起業家を力づける能力がある。今日では、ソーシャルコマースを使っているセラーの85%が、小さなオフライン指向のリテイラーであり、彼らはソーシャルのチャネルを利用して新たな成長の機会を開いている」とある。

Googleは、次の2年間でインドに100億ドル(約1兆1357億円)を投資すると公言し、すでにGlanceやDailyHuntなどに投資している。YouTubeは、2021年7月にソーシャルコマースのSimSimを買収した。2021年10月初旬にGoogleは、ベンガルールのネオバンクOpenに投資している

米国時間10月21日、Googleにコメントを求めたが、まだ返答はない。

画像クレジット:Getty Images

原文へ

(文:Manish Singh、翻訳:Hiroshi Iwatani)