ネットサービス
パーソナライズ(用語)
TikTok(製品・サービス)
YouTube / ユーチューブ(製品・サービス)

YouTube、ユーザーが新たなコンテンツとの出会いをもたらす「New to you」を展開

次の記事

【レビュー】グーグル「Pixel 6 Pro」、ハード面でも真のブレークスルーを達成

YouTubeは、2021年の初めに試験的に導入した「New to you」タブを、プラットフォーム上で展開している。この新しいタブは、モバイル、デスクトップ、テレビの各デバイスのYouTubeトップページで利用できるようになっている。YouTubeは、この機能により、ユーザーが普段見ているおすすめ動画以外の新しいクリエイターやコンテンツを発見できるようになるとしている。


この新しいタブは、ユーザーの好みに合ったコンテンツを、これまで出会ったことのないチャンネルから表示する。これは、ゲームや美容などの特定のトピックのコンテンツを探すのに役立つYouTubeの「Explore」リストよりも一歩進んだものだが、ユーザーの特定の関心事は考慮されていない。

YouTubeは「New to you」が視聴者に合わせてパーソナライズされていることを指摘している。これは、ユーザーが興味を持ちそうなコンテンツと、ユーザーが普段見ているものとは少し異なるコンテンツとのバランスを取ろうとしているためだ。

YouTubeはブログで「みなさんからは、おすすめの動画を見終わった後に、新しいクリエイターや新しい動画を見たいという声をいただいています。この新しい選択肢によって、新鮮さを保ちつつ、クリエイターが新たな視聴者とつながることを期待しています」と述べている。

モバイル版では、YouTubeのトップページを更新すると、このタブが表示される。また、フィードをスクロールすると、このタブが表示されることもあるという。なお本機能はパーソナライズされているため、常に表示されるとは限らない。また、このタブを表示するには、YouTubeにサインインしている必要がある。

新機能により、クリエイターは、自分のコンテンツに最も興味を持ちながらも、他の方法では見つけられなかった人をターゲットにして、新たな視聴者を獲得することができる。また、ユーザーが新コンテンツを見つけたり、新たな興味を発見したりするのにも役立つ。

どうやらこの最新機能は、TikTokの人気ページ「For You」をYouTubeが取り入れたもののようだ。この機能は、ユーザーがより多くのコンテンツを見つけるのに役立つだけでなく、クリエイターが発見されるのにも役立つため、TikTokの成功に大きく貢献している。YouTubeの「New to you」フィードは、同じことをユーザーに提供することを目的としているようだ。

この新しい機能は米国消費者製品安全委員会が、プラットフォームが幼いユーザーに与える影響力についてYouTubeとSnapとInstagramを聴聞する予定と同じタイミングで展開された。

画像クレジット:YouTube

原文へ

(文:Aisha Malik、翻訳:Hiroshi Iwatani)