ソフトウェア
データ保護(用語)
クリエイター(用語)
Adobe Photoshop(製品・サービス)
Adobe / アドビ(企業)

アドビ、PhotoShopに作品の来歴や帰属を簡単に確認できるようになるコンテンツ認証機能を導入

次の記事

日本クラウドキャピタルがベンチャー株式のセカンダリーマーケット「FUNDINNO MARKET」提供に向け準備開始

Adobe(アドビ)は、クリエイターが自分の作品を盗用されないようにしたり、画像がどのように作成されたか(加工された可能性もある)を一般に公開するための新しいツールを米国時間10月26日からベータ版として提供する。同社は2年前にいくつかのパートナーと共同で「Content Authenticity Initiative(CAI、コンテンツ認証イニシアチブ)」を立ち上げた。今回の取り組みは、デジタルコンテンツの来歴や帰属のデータを保存して誤った情報に対抗するというミッションを拡大し、PhotoShopに直接反映させるものだ。


具体的には、Adobeは「コンテンツクレデンシャル機能」と呼ぶものを立ち上げる。これには、コンテンツクレデンシャルに対応した画像のメタデータと編集履歴を暗号化して署名するPhotoshopのオプトイン機能や、同社のストックイメージサービスAdobe Stockからコンテンツクレデンシャルなものを自動的にダウンロードする機能が含まれる。Photoshopで写真を編集すると、AIツールの使用を含む編集履歴や、画像の作成に使用したアセットのリストがアプリケーションによって自動的にバックグラウンドで更新される。

また、クリエイターは、Photoshop内からソーシャルメディアのプロフィールを暗号化されたウォレットのアドレスにリンクしたり、ウォレットをBehanceにつなげたりすることができる。

新しいVerifyサイトのおかげで、消費者はコンテンツの認証情報を簡単に見ることができるようになっている。

画像クレジット:Adobe

原文へ

(文:Frederic Lardinois、翻訳:Nariko Mizoguchi