モビリティ
京浜急行電鉄(企業)
AirX(企業)
eVTOL / 電動垂直離着陸機(用語)
サムライインキュベート / Samurai Incubate(企業)

ヘリコプターシェアのAirXと京急電鉄が資本業務提携、空の交通を推進し「空の駅」設置・eVTOL商用化など検討

次の記事

初心者でもタッチスクリーンをスワイプして飛行機を操縦できるようにするSkyryseが約228億円調達

京浜急行電鉄(京急)と、空の交通デジタルプラットフォームを開発するテック企業AirXは10月27日、資本業務提携を発表した。またサムライインキュベートが事業化に向けた伴走支援を継続する。今後、東京、船橋、横浜地区と三浦半島を結ぶヘリコーター路線の開設やヘリポートの運営などにより、新たな観光の創出を図るとしている。

長中期的には、京急が「成長トライアングルゾーン」と位置づける地域の拠点となる、品川・羽田・横浜にスカイポート(空の駅)の設置、いわゆる空飛ぶクルマ(eVTOL)の商用化の検討も進め、観光だけでなく、移動手段としての空の足を形作るという。

三浦半島におけるヘリコプター運航事業

時期は2021~23年度とし、三浦半島に常設ヘリポートを設置。他エリアのヘリポートとの新規路線を開設する。現在は、東京、船橋、横浜と三浦半島を結ぶ路線を想定。三浦半島遊覧飛行や、三浦半島観光施設へのヘリコプターでの送迎付き宿泊プランの開発も行う。

「成長トライアングルゾーン」スカイポート設置

時期は2023~25年度とし、品川、羽田、横浜地区に、規制緩和を見据えてスカイポートの設置を検討する。

空飛ぶクルマ(eVTOL)商用化

時期は2025年度以降とし、上記事業にeVTOLの導入を検討する。

京急とサムライインキュベートは、「モビリティを軸とした豊かなライフスタイルの創出」を目指したスタートアップ支援プログラム「KEIKYU ACCELERATOR PROGRAM」(京急アクセラレータープログラム)に取り組んでおり、AirXは、2019年度に実施した第2期の採択企業にあたる。今回の資本業務提携は、このプログラムを通じて実施された。

【お詫びと訂正 2021年11月1日13時40分】初出時、京浜急行電鉄、AirX、サムライインキュベートの3社が資本業務提携と誤って記載しておりました。正しくは、京浜急行電鉄とAirXが資本業務提携を実施し、サムライインキュベートは事業化に向けた伴走支援を継続します。お詫びして訂正いたします。