ハードウェア
住宅(用語)
スマートホーム(用語)
買収 / 合併 / M&A(用語)
Generac(企業)

スマートサーモスタットのEcobeeを発電機メーカーのGeneracが買収

次の記事

Epic Gamesが「フォートナイト」の中国進出を断念

ウィスコンシンの発電機のメーカーGeneracは米国時間11月1日、ホームオートメーションのEcobeeを買収する計画を発表した。表面的には意外な組み合わせだが、従来型の企業がこのような買収でスマートホーム分野へ事業を広げるのは、これが初めてではない。たとえば数年前には、Assa AbloyがAugust Homeを買収した

Generacは社歴60年を超える企業だが、いずれにしても古参の企業が新しい技術開発に手に入れるには、買収が最も簡単な方法だ。買収の価額としてGeneracは、2億ドル(約227億円)の現金と4億5000万ドル(約512億円)の株式をEcobeeの株主たちに渡す。完了の前に追加のターゲットが発生した場合はGeneracは最大で1億2000万ドル(約136億円)の株式、最大で合計7億7000万ドル(約875億円)を払う。

トロントのEcoboeeが創業されたのは2007年で、その後、2014に買収されたNestなどと並び、インターネットに接続されたサーモスタット(コネクテッドサーモスタット)の有名企業になった。その後Nestは、Googleのスマートホーム製品のデファクトのブランドになっているが、そのNestと同じくEcobeeも、セキュリティカメラやセンサーなど、その他のスマートホームデバイスを製品群に加えた。

「エネルギーの技術におけるGeneracが成し遂げてきた進化により、私たちEcobeeのプロダクトを同社の住宅用デバイス製品に統合する機会が数多く生まれてきました。特にそれらの統合により、家庭の電力負荷の相当大きな部分を監視しコントロールすることが可能になっています。そういう意味で今回Generacのチームに加わることはエキサイティングであり、私たちはともに、私たちの顧客とコミュニティに、よりクリーンで、より強度のある持続可能なエネルギーの未来をお届けすることができます」とEcobeeのCEOであるStuart Lombard(スチュアート・ロンバード)氏が声明で述べている。

Ecobeeはこれまでに、AmazonのAlexa Fundを含め約1億500万ドル(約119億円)を調達した。ここしばらく、すでにRingのようなスマートホームのブランドを持つAmazonがEcobeeを買収する企業の当然の候補と見なされていたが、最近同社はHoneywellと共同開発したサーモスタットを発表した。

この買収は、規制当局の承認を待って、完了は本年第4四半期と目されている。

画像クレジット:Ecobee

原文へ

(文:Brian Heater、翻訳:Hiroshi Iwatani)