ネットサービス
マッチングアプリ / デートアプリ(用語)
SNS / ソーシャル・ネットワーキング・サービス(用語)
Tinder(企業・サービス)

Tinderの殺人ミステリーをテーマにした新しい「スワイプナイト」が11月7日に復活

次の記事

OctoMLが機械学習のアクセラレーションプラットフォームのために巨額約96.5億円調達

Tinder(ティンダー)は、ユーザーがマッチングしてチャットする以外の別の方法で打ち解けることができる、アプリ内のインタラクティブなイベント「Swipe Night(スワイプナイト)」を復活させる。Tinderは、第1シーズンの「あなたが選ぶアドベンチャー」のような世界の終末的なストーリーで2000万人以上のユーザーを獲得した後、今度は「whodunit(ホワイダニット)」と呼ばれる殺人ミステリーをテーマにした新しいイベントを導入すると発表した。このイベント「Swipe Night:キラー・ウィーク」は、米国時間11月7日の午後6時にスタートする。

「スワイプナイト」は、6月に導入されたTinderの新しいセクション「Explore」で実施されるが、このセクションには今後、より多くのソーシャル体験が搭載されることになる。このセクションには「スワイプナイト」以外にも、スピードデートのように時間を区切ってメンバー同士がリアルタイムでチャットできる「Hot Takes(ホット・テイク)」や、同じ趣味を持つ人と出会える「Passion(パッション)」などがある。

今回、Tinderは「スワイプナイト」の仕組みにいくつかの変更を加えた。今回のイベントでは、ストーリーを見て次に何をすべきかを選択するのではなく、Tinderユーザー自身が殺人事件の容疑者になるという、より直接的なイベントになっている。また、プレイヤーは家の中の部屋を探索・検索したり、物を調べててがかりを探したりすることができる。

毎週末、参加者は自分の怪しいと思うユーザーを選ぶことになるが、その際、別の容疑者を選んだ別のユーザーと「Fast Chat(ファスト・チャット)」(マッチングしなくてもチャットができる)でペアを組み、感想を語り合ったり、手がかりを分析したりして、一緒に謎を解き明かすことになる。これらのペアリングは、年齢、性別、距離などの要素で探している人物を示したユーザーのプロフィール設定に基づいたアルゴリズムにより行われる。しかし、ユーザーが別の容疑者を選択することで、会話を円滑に進めることができる。オンラインの出会い系アプリでは、ユーザーが最初の言葉を交わすのに苦労することが多いのだが、ここではそのようなことはない。

会話が終わり、プレイヤーが「スワイプナイト」の体験を超えて相手と話を続けたい場合、相手とのマッチングを選択することができるようになっている。

同社は、このようなプレッシャーの少ないチャットによって、ユーザーはマッチングの前に相性を試しやすくなり、アプリ内でメッセージを送信しても翌日まで見られない可能性があるよりも、全体的に良い体験ができると考えている。また、一緒にゲームをすることで、ユーザーは自分の考えや選択をよりリアルに表現できるようになるかもしれない。これは、ユーザーのプロフィールを見て即決するよりも、相手を知るためのより良い方法だとTinderは主張している。

さらに、Tinderのプロダクト担当副社長であるKyle Miller(カイル・ミラー)氏は、このようなリアルタイムのチャットは、TinderのZ世代のような若いユーザーに好まれていると述べている。

「人口統計学的に見て、Z世代は、新しい人と出会うために、このようなインタラクティブで楽しい方法をより多く利用しています」と同氏は説明する。「これが、私たちが『Explore』を作った大きな理由の1つです。Tinderが生き生きとしていて、体験的で没入感のあるものにしたかったのです…。スワイプしてマッチングしてチャットするという同じパターンを何度も繰り返していると、単調になってしまいます。これは私たちが望んでいたことではありません。楽しさや目新しさだけでなく、本質的なものを注入することで、Z世代が本当に惹かれていることがわかると思います」とミラー氏は述べている。

Tinderは「スワイプナイト」をより広く提供するために、オリジナル版が米国のみでスタートしたのに対し、今回は世界25カ国の市場で開始する。

また、第1シーズンとは異なり、いつでもプレイできるようになる。

「前回の『スワイプナイト』は、日曜日や週末にしかプレイできず、かなり限定的なものでした。しかし、今回は『Explore』セクションでライブ配信され、シーズン終了後も『Explore』セクションで利用できるようになります。半年後には、実際に『スワイプナイト』に参加して、今日のストリーミングと同じように、エピソードを再視聴、つまり再体験して、より多くの手がかりを探しに行くことができるでしょう」とミラー氏は述べている。

同氏は「スワイプナイト」のすべてのバージョンではないにしても、ユーザーがいつでも参加できるインタラクティブな体験のカタログを用意するという将来的な可能性も否定はしなかった。

このような種類の体験が開始されれば、Tinderは時間をかけてユーザーのエンゲージメントを高め、会員にとってより良い結果をもたらすことができるだろう。Tinderによると、最初の「スワイプナイト」の2000万人のユーザーは、マッチ数が26%増加したという。また、現在「トゥルー・クライム(実録犯罪)」系のジャンルへの関心が過去最高となっており、それに言及したプロフィールが年初から20%増加している。Tinderのユーザープロフィールの3万件以上に「犯罪のパートナー」を探していると書かれている。

今シーズンの「スワイプナイト」は、Sasie Sealy(サジー・シーリー)氏が監督を務め、Z世代の若手キャストとして、Ashley Ganger(アシュリー・ガンガー:『グランド・アーミー』 / Netflix)氏、Calvin Seabrooks (カルヴィン・シーブルックス:『ドールフェイス』 / Hulu、『ウエストワールド』 / HBO Max)、Luke Slattery (ルーク・スラッタリー:『ニュー・アムステルダム 医師たちのカルテ』、『レイトナイト 私の素敵なボス』)氏、Francesca Olivia Xuereb (フランチェスカ・オリビア・シューレブ:『Room203』、『The Sex Lives of College Girls』 / HBO Max)氏、Nozipho Mclean(ノジポ・マクリーン:『インヘリタンス』、『Are You Happy Now』)、Ivan Carlo (イワン・カルロ:『ゴシップガール』 / HBO Max)氏、Emile Ravenet(エミール・ラベネット)氏が出演する。

画像クレジット:Tinder

原文へ

(文:Sarah Perez、翻訳:Akihito Mizukoshi)