ネットサービス
プライバシー(用語)
顔認証 / 顔認識(用語)
Meta / Facebook / フェイスブック(企業・サービス)

フェイスブックが保有する10億以上のユーザーの顔認識データを削除する

次の記事

Microsoft Teamsも3Dアニメアバターを採用、来るべきメタバースの時代のために

社名を変えてからわずか数日のFacebookは、世界最大のソーシャルネットワークが10億以上の人たちに関して集めた、最も心配なデータ集合を削除する計画を発表した。

米国時間11月2日のブログにおいてFacebookの、その名も新たな親会社Metaは、同社の顔認識システムの部門を閉鎖し、顔を写真とビデオで突き合わせるために使っていた10億あまりの顔認識テンプレートの集まりを削除すると説明した。Facebookは今後、このシステムにオプトインしていたユーザーのマッチングを行わない。

Facebookは、写真に名前を自動的にタグ付けするために2010年に顔認識を導入した。この機能はローンチ時に自動的に有効になり、Facebookは2019年にやっと、システムを明示的にオプトインにした。それにより、同社が10億を超える顔認識プロフィールをどうやって編纂していたかも明らかになった。

ブログでFacebookの人工知能担当副社長Jerome Pesenti(ジェローム・ペセンティ)氏は次のように述べている。「今後に関しても、顔認識技術が強力なツールであるという認識は持ち続けるでしょう。例えば人たちのアイデンティティを確認する必要があったり、詐欺やなりすましを防がなければなりません。しかし、顔認識が役に立つ多くの具体的な事例は、この技術全体に対する懸念の高まりと比較して、その重要性を天秤にかける必要があります」。

ペセンティ氏によると、Metaの顔認識を制限するという決定により、顔認識技術を取り巻く環境が不確定になり、ごく一部のアプリケーションしか使えなくなるだろう、という。

現時点では、Facebookの顔認識システムはおそらく、その価値よりもトラブルの方が大きい。米国における、オンラインのプライバシーを規制する多くの提案は、その多くが、特に国のレベルでは仮説にとどまっており、既存の法律では、顔認識技術の利用が一層複雑になるだろう。たとえばイリノイ州のプライバシー法Biometric Information Privacy Act(BIPA)は、一部のテクノロジー大手の動きを制約しようとしている。

2021年初めには、FacebookがBIPAによりイリノイ州民の写真を同意なく顔認識を使って同定したとして、6億5000万ドル(約740億円)の支払いを命じられた。議論を招いている顔認識企業Clearview AIも現在、同州でBIPAの訴訟に直面している。またFTCは、Facebookの顔認識の利用を欺瞞的なプライバシー実践と呼び、50億ドル(約5692億円)という記録破りの強制力を欠く調停案を提示している。

顔認識から撤退するFacebookの決定は、同社のメタバースをめぐる大きな社名変更と同時期の象徴的なジェスチャーだ。Facebookのプライバシーとモデレーションの失敗に関するコンセンサスは、同社のビジネスにまったく傷を与えていない。しかし同社の次のチャプターが社名変更であろうとなかろうと、それに続くものは大衆の不信と迫り来る規制だ。

今やMetaという名前で知られるようになった企業が、自らを次のインターネット時代における信頼される奉仕者として立て直そうとしているが、そのためには自身の努力が必要だ。これまでのプライバシーの汚名から、一部の重荷を捨てる試みは、狡猾なそぶりだ。それは、ユーザーの究極の勝利でもある。その突然の心変わりを、誰も買わないだろうが。

関連記事
フェイスブックがイリノイ州のプライバシー保護法をめぐる集団訴訟で約694億円支払う
フェイスブックが「Meta」に社名変更、メタバースを中核事業に

画像クレジット:Kelly Sullivan/Stringer / Getty Images

原文へ

(文:Taylor Hatmaker、翻訳:Hiroshi Iwatani)