VR / AR / MR
3D / 3Dモデル(用語)
アバター(用語)
Microsoft Teams(製品・サービス)
Microsoft / マイクロソフト(企業)

Microsoft Teamsも3Dアニメアバターを採用、来るべきメタバースの時代のために

次の記事

Microsoft Azureがハイブリッドおよびマルチクラウドの機能を拡大

Microsoft(マイクロソフト)もメタバースに一枚かみたいようだ。米国時間11月2日のIgniteカンファレンスで同社は、Microsoft Teamsで顔を出したくない参加者のための3Dアバターを発表した。このパーソナライズされたアニメーションアバターは、Microsoftが「Mesh for Teams」(メッシュ・フォー・チームズ)と呼んでいるものの一環だ。Mesh for TeamsはMeshプラットフォームWindows Live Meshとは別物なので間違えないように)を使って外部の仮想現実や拡張現実で共有されている体験を、Teamsやその生産性ツールと組み合わせる仕組みだ。それは1通のメールで済んだはずのミーティングと同じものだが、しかし同じではない。

Mesh for Teamsをアクセスするためには、スマートフォンからVRヘッドセットやHoloLens(ホロレンズ)まであらゆるものを利用できる。Microsoftは、これが生産性のためのメタバースである、という事実を隠すそぶりもなく、「オンライン会議をもっとパーソナルで魅力的で楽しいものにするように作られています」とMicrosoftのJohn Roach(ジョン・ローチ)氏がこの日の発表で述べている「そこはメタバースへの入り口でもあり、永続的なデジタルワールドには人、場所、モノのデジタルな双子が居住しています。このメタバースを、インターネットの新しいバージョン、あるいは新しいビジョンと考えてください。そこでは人々がパーソナルなバーチャルプレゼンスを使って、どのデバイスからでも集まり、話し合い、協力し、共有することができます」。

そのビジョンでは、人々はやはり会議に参加しているが、前よりも楽しい、なぜならメタバースだからということなのだろう。

画像クレジット:Microsoft

「生産性と知識労働者に焦点を当ててきた会社にとって、それは顧客が我々に本当に求めていることであり、当社が12年間取り組んできた複合現実のビジョンとも一致しています。すべてが一体となって進んでいます」と、常に熱意に溢れるMicrosoftの技術フェロー、Alex Kipman(アレックス・キップマン)氏は言った。

今のところ、ほとんどのユーザーにとって、Meshは3Dのパーソナライズされたアバターが本人のしゃべりを真似している以上のものではなく、動きもともわない。Microsoftによると、企業はTeams内に、独自のスペース(今、我々が使っている用語ならメタバース)を作ることもできて、そこでは人々がバーチャルに交わり協力できるということだ。

「そこには存在している感覚があります。たとえそれが、本人の音声をアバターの顔の動きで表しているだけであっても。これが最初のリリースです」とMicrosoftのMesh for Teams担当主席プロジェクトマネージャーであるKatie Kelly(ケイティー・ケリー)氏はいう。「私たちの野望は、Microsoftの有り余るほどのAIテクノロジーを使ってこれを進化させていくことです。たとえばカメラを使って口の位置を推測し、頭と顔の動きを模倣することができます」

Accenture(アクセンチュア)はMicrsoftとともにこれをテストしている。同社は社員が「コーヒーやプレゼンテーション、パーティー、その他のイベントのために集まれる」バーチャルキャンパスを作った。新入社員の研修にも利用している。Accentureは毎年10万人採用しているらしい。60万人の社員がいる同社で、メタバースがその離職率を改善できるのかどうかわからないが、高給取りのコンサルタントの会社なので、一番良く知っているのだろう。

画像クレジット:Microsoft

[原文へ]

(文:Frederic Lardinois、翻訳:Nob Takahashi / facebook