BTSがNFT市場に参入、韓国の暗号資産取引所Upbitとの合弁で

次の記事

バイデン政権が米連邦政府機関に数百のセキュリティバグ修正を指示

K-POPのメガスターBTSを擁する韓国のエージェンシーHybeは、韓国の暗号取引所Upbitと合弁会社を設立し、NFT事業に参入する予定であることを発表しました。

Hybeは、暗号資産取引所Upbitを運営するブロックチェーンベースのフィンテックスタートアップDunamuの株式2.5%を5000億ウォン(約482億円)で購入する。同時にDunamuは、ソウルに本社を置く音楽エージェンシーの新たに発行されたHybe株(5.6%の株式)を5億9240万ドルで取得すると規制当局に申請している。

合弁会社はNFTフォトカードを作成し、グローバルなHybeのファンとアーティストのコミュニケーションアプリ「Weverse」で取引される予定だ。HybeのCEOであるSi-Hyuk Bang(パン・シヒョク)氏とDunamuの会長であるChi-Hyung Song(チ・ヒョンソン)氏は、現地時間11月4日の説明会で共同声明を行った。

HybeのBTS NFTには、動画やアーティストの声などが含まれているとパン氏はいう。それに加えて、世界中のファンがデジタルフォトカードを仮想空間で交換することができるようになる、チ氏は述べた。

Hybeとその子会社は、BTSブランドをデジタル領域でより深く拡張するためのさらなる計画も発表した。NFT JVに加えて、BTSのビデオゲーム、そして「ウェブトゥーン」ビジネスが予定される。

Hybeは現在、ポップバンドを生み出す企業の中で最も成功している企業の1つであり、彼らはその波に乗っています。説明会では、Hybe AmericaのCEOであるLenzo Yoon(ユン・ソクジュン)氏が「HybeとUniversal Music Groupは、グローバルなガールズグループのデビューを披露する準備もしています。これとは別に、Hybe Japanは日本でボーイズバンドを発表する予定だと、CEOのHyunrock Han(ハン・ヒョンロク)氏は述べている。

韓国のK-POP大手は、既存のIPをデジタル資産に変えることで収益の可能性を広げるため、NFTに備えている。

韓国の4大エンターテインメント企業であるHybe、JYP、SM、YGは、この新しい技術を利用しようと競い合っている。JYP Entertainmentは7月にDunamuと提携してK-POPベースのNFTプラットフォームを立ち上げ、SMは2019年に暗号資産とブロックチェーンのプラットフォームを構築を発表している。

原文へ

(文:Kate Park、翻訳:Katsuyuki Yasui)