ハードウェア
Arlo(企業)
バッテリー / 電池(用語)
防犯(用語)
監視カメラ / CCTV / 防犯カメラ(用語)

ワイヤフリー防犯カメラ「Arlo Go 2」はバッテリー駆動とモバイルデータ接続を追加

次の記事

科学者である創業者たちに議決権を譲渡するアクセラレーターかつファンドのSciFounders

建設現場や別荘など、アクセスしにくい場所に設置することを想定したArloの新製品「Arlo Go 2 LTE/Wi-Fi Security Camera」は、空き巣や泥棒などの悪人を監視するために、いつでもどこでも使用することができる。

また、同社はArlo Secureサブスクリプションサービスを販売している。このサービスでは、30日分のクラウド録画ライブラリを利用できる他、映像をコンピュータビジョンで解析し、人物、動物、車両、荷物を個別に検出することができる。また、このサービスには、ボタンを押すだけでカメラのある場所に緊急サービスを派遣することができる緊急時対応機能も含まれている。

カメラは風雨に耐える堅牢な設計で、microSDカードへの安全なローカルストレージを提供し、接続機能を内蔵している。カメラは、利用可能な場合はWi-Fi接続を利用して同社のサーバーに電話をかけることができる。また、お気に入りのテレビ番組の最新エピソードがちょうどおもしろくなってきた瞬間にまたしてもWi-Fiがダウンした場合には、LTEネットワークをプライマリまたは代替オプションとして利用することも可能だ。

Arloの製品担当SVP兼CIO(最高情報責任者)であるTejas Shah(テジャス・シャー)氏は、次のように述べている。「Arlo Go 2は、前作Arlo Goの成功を受けて開発されたもので、アクセスしにくい場所でワイヤフリーのセキュリティを求める人にとって、最も汎用性の高いソリューションとなっています。Arlo Go 2は、モバイルネットワークとWi-Fiのどちらでも動作するため、ユーザーは用途に応じて最適な接続方法を選ぶことができます」。

Arlo Go 2にはGPS機能が搭載されているため、複数のデバイスを広い範囲でモニターすることが可能だ。また、皮肉な状況が発生し、泥棒が家には入らずカメラだけを持って行ってしまった場合でも、カメラを探しに行くことができる。また、スピーカーとマイクを使った双方向通信機能を搭載しているので、安全な距離から泥棒に呼びかけることもできる。さらに、侵入者に監視されていることを知らせるサイレンを内蔵している。

価格は250ドル(約2万8000円)で、Verizon(ベライゾン)から米国時間11月4日発売され、2022年には他のキャリアからも発売される予定だ。

画像クレジット:Arlo

原文へ

(文:Haje Jan Kamps、翻訳:Aya Nakazato)