イーロン・マスク氏がテスラ株約5700億円分を売却

次の記事

TC Tokyo「スタートアップバトル」、グループB出場企業と審査員を発表

Elon Musk(イーロン・マスク)氏は、Tesla(テスラ)の株式を約50億ドル(約5700億円)分売却したことが明らかになった。

当初の提出書類によると、マスク氏は報酬パッケージの一部として受け取った210万株以上のオプションのうち、93万4091株を約11億ドルで売却していた。マスク氏は、ストックオプションの行使に関連する納税義務を果たすために株式の一部を売却したことを規制当局への提出書類で明らかにしている。同CEOは、2012年に1株あたり6.24ドルの価格で付与された株式の利益に対して所得税を課せられている。マスク氏は、行使価格の6.24ドルと売却時の株式価値との間の所得に課税される。この株式は、約1100ドルから1200ドルの間の価格で売却された。

米国時間11月10日に掲載された出願書類によると、マスク氏はテスラの株式をさらに358万株売却したことが明らかになった。その売却額は約40億ドル(約4562億円)とされている。

イーロン・マスク氏は、先週末にTwitterでフォロワーに所有する自社株の10%を売却すべきかどうかを問う投票を行った結果、約10億9000万ドル(約1243億円)分のテスラ株を売却した。投票では57.9%が売却に賛成し、42.1%が反対した。そして今に至る。

このニュースはまったく驚くべきものではない。マスク氏は以前から、保有するテスラ株の大規模な売却を公言しており、SECへの提出書類によると、同氏はすでに9月14日に株の売却を計画していたことが明らかになっており、ツイッターでの動きは単なるショーだった。さらに、9月に行われたテックジャーナリストKara Swisher(カーラ・スウィッシャー)氏との対談で、マスク氏はストックオプションの大部分が2022年8月に期限切れになると述べ、第4四半期に売却することを多かれ少なかれ約束していた。

マスク氏は現在も1億6690万株をテスラ株を保有している。

【更新】本記事は、最新の株式売却額を反映して更新されている。

画像クレジット:Britta Pedersen-Pool / Getty Images

原文へ

(文:Rebecca Bellan、翻訳:Nariko Mizoguchi