イベント情報
TechCrunch Tokyo 2021(イベント)

TC Tokyo「スタートアップバトル」、グループB出場企業と審査員を発表

次の記事

米超党派グループがソーシャルメディアの推奨アルゴリズムを制限する法案を提出

12月2日、3日の2日間でオンライン開催されるTechCrunch Japan主催のスタートアップとテクノロジーの祭典、「TechCrunch Tokyo」についての最新情報をお伝えしよう。本日発表するのは、創業3年以下のスタートアップによるピッチバトル「スタートアップバトル」のグループ分けと、各グループの審査員だ。今回はグループBを発表する。

グループB出場企業(順不同)

  • CloudBrains:副業・フリーランスとの煩雑なやりとりをクラウド上でスマートに一元管理できる「Lansmart」を提供
  • FastLabel:AI開発を高速化する教師データ作成サービスを提供
  • Scene:製造業向けの3Dドキュメントツール「Scene」を提供
  • アニポス:ペット保険統合プラットフォーム「ANIPOS」でペット保険をより良くし、成長を加速
  • エイターリンク:マイクロ波ワイヤレス給電(WPT)によりデジタル世界を実現

グループB審査員(順不同)

  • 深澤優壽氏:MPower Partnersパートナー
  • 仁木勝雅氏:ディープコア代表取締役社長
  • 堀新一郎氏:Z Venture Capital代表取締役

上記5社は12月2日に行われるファーストラウンドでピッチを行い、他のグループ含む20社の中から上位5社が12月3日のファイナルラウンドに進出する。TechCrunch Tokyoの視聴チケットはこちらのページで購入可能だ。ぜひ彼らの雄姿を当日ご覧いただきたい。