VC / エンジェル
投資ファンド / ベンチャーファンド(用語)
自閉症(用語)

自閉症コミニュティの「投資・イノベーション部門」を目指すベンチャーファンド「AIF」

次の記事

フォックスコンがLordstownのオハイオ工場を約262億円で買収

2018年、Christopher Male(クリストファー・メイル)氏の息子が自閉症スペクトラム障害(ASD)と診断された時、長年の投資家は自分が見知らぬ領域に置かれたことを知った。

「あの時、私は『自閉症』という言葉も、それが何であるかも、文字どおり初めて知りました」と同氏は回想した。

息子の力になるために、メイル氏はこの話題に没頭し「驚くほど断片化、両極化したコミュニティと、不適切で旧態依然の解決方法が法外な価格と長い待ち行列で提供されているマーケットプレイス」と同氏が評する状況を認識した。

同氏は「このマーケットプレイスで起きていることに関する科学的理解は存在しない」と結論づけた。部分的には資本主義から、しかしほとんどが、自分の子どもや同じような境遇の子どもたちを助けたいという動機から、メイル氏は決断し、Brian O’Callaghan(ブライアン・オカラハン)氏とともにAutism Impact Fund(AIF、自閉症インパクトファンド)を2021年立ち上げた。ファンドのミッションは「ベンチャーキャピタルモデルを通じて、自閉症の診断、治療、および自閉症とともに生きていくための現状に革命を起こす」ことだ。これまでにAIFはアーリーステージの企業、7社に投資してきた。

AIFは、GlaxoSmithKline(GSK、グラクソ・スミスクライン)からRob Saarazin(ロブ・サラジン)氏を最高投資責任者兼マネージングパートナーとして迎えた。メイル氏とサラジン氏は、ファンドの日常業務を管理している。

ニーズは存在している。自閉症スペクトラム障害(ASD)は子どもの54人に1人が診断され、世界で数百万の家族に影響を与えているとCDCの調査結果が報告している。

「私たちは自閉症インパクトファンドを、自閉症コミュニティの投資・イノベーション部門になるという野心をもって設立しました」とメイル氏は語った。「これはシステムが完全に崩壊している巨大な社会問題であり、私たちのゴールはそのシステムを変えることです」。

10年近くにわたり、メイル氏は家族の投資事務所を運営していた。その後、自らベンチャーファンドを立ち上げた。そして彼は、人生で現在の自分の役割以上に重要なものはなかったと打ち明ける。

AIFには著名なアドバイザー、Uber(ウーバー)CEOのDara Khosrowshahi(ダラ・コスロシャヒ)氏、バンダービルト大学、Frist Center for Autism & InnovationのJennifer Frist(ジェニファー・フリスト)氏、ARCH Venture Partnersの共同ファウンダー、Bob Nelsen(ボブ・ネルセン)氏らが名を連ねる。

メイル氏はAIFの損益を明らかにしなかったが、富裕層の組織やファミリーオフィスが参加していると語った。ファンドは現在積極的に資金調達を行っているところなので、一連の計画についてメイル氏は順調に進んでいるという以上のコメントはできなかった。

「市場は私たちにとってかなりポジティブで順調なので、思っていたよりかなり先へ進んでいます」と彼は言った。

AIFは、生物学、環境と行動など広い分野にわたって、さまざまなステージの会社に直接投資を行っている。同ファンドは意図的に営利企業に焦点を当てており、非営利との重複を避けている。

これは単なる個人の集まりではありません。私たちはプロフェッショナルな投資家です」とメイル氏は言った。「そして学界、政府機関、非営利団体、財団などを通じて複数のコミニュティーをまとめています」。

画像クレジット:Autism Impact Fund

投資先企業には、自閉症の主要症状を治療するための腸内制限小分子物質を開発しているAxial(アクシアル)、自閉症のためのバイオマーカーを開発しているBioROSA(バイオロサ)、AI駆動バーチャルリアリティープラットフォームを通してさまざまな治療法を提供するFloreo(フローレオ)、および特別な支援を必要としている人のためのデジタルケアプラットフォーム、Joshin(ジョーシン)がある。Joshinについては最近TechCrunchが資金調達について報じた

John Slattery(ジョン・スラッタリー)氏とMarie Causey(マリー・コーシー)氏はボストン地区のスタートアップBioROSAを2018年に立ち上げ、生後18カ月から幼児のASDを検出するバイオマーカーを開発している。

「これは、現在4歳以上である平均診断年齢を引き下げるものです。この障害は、うまく対応できない社会的少数者や低所得層に大きく偏っています」。

BioROSAは、これまでに300万ドル(約3億4000万円)を少し超える資金を調達しており、AIFが7月に参加したラウンドも含まれている。

「この会社の基礎をなつ理論には、支持している強力な学術研究があります」とスラッタリー氏は言った。「私たちのゴールは、早期発見を可能にして、介入の診断基準を変えることです」。

自閉症者のいる家族にとって、AIFが行った投資は生活を変える可能性がある。そして、それ以上に大きな意味のあるものはない。

画像クレジット:wildpixel / Getty Images under a iStock/Getty Images Plus license

原文へ

(文:Mary Ann Azevedo、翻訳:Nob Takahashi / facebook