人工知能・AI
Ometria(企業・サービス)
CRM / 顧客関係管理 / 顧客管理(用語)
AI / 人工知能(用語)
パーソナライズ(用語)

AIを活用しブランド・小売業者向けCRMを自動化するOmetriaが約45.5億円調達

次の記事

フェイスブックが新ショッピング機能「Shops in Groups」と「Live Shopping for Creators」を開始

2019年にシリーズBで2100万ドル(約23億9000万円)を調達したOmetriaは、ブランドや小売業者がマーケティングメッセージをパーソナライズできる「AIを活用した」カスタマーマーケティングプラットフォームを提供していた。

今回同社は、InfraVia GrowthがリードするシリーズCのラウンドで4000万ドル(約45億5000万円)を調達した。これには、従来からの投資家であるOctopus VenturesやSonae IM、Summit Action、Adjuvo、Columbia Lake Partners、さらに会長のLance Batchelor(ランス・バチェラー)氏ら初期の投資家も参加した。同社の資金調達額は、これで7500万ドル(約85億4000万円)になる。

同社によると、特に現在、消費者データの共有のされ方や共有先について、消費者自身がコントロールを握るようになってるため、この資金で同社のプロダクトとエンジニアリングのチームのサイズを今の3倍にするという。

新しいスタッフも雇用した。新しいチーフテクノロジーオフィサー(CTO)はSizmekのCTOだったMarkus Plattner(マーカス・プラットナー)氏、最高収益責任者は元App Annieの専務取締役Paul Barnes(ポール・バーンズ)氏、マーケティングのトップCMOは元Simon DataでTinycluesのMichelle Schroeder(ミシェル・シュローダー)氏だ。

OmetriaのCEOで創業者のIvan Mazour(イワン・マズア)氏によると「リテールのマーケターたちはみんな異口同音に個人化の重要性を主張してきましたが、消費者の1人としてインボックスを見るかぎり、マーケティングテクノロジーのベンダーはどこもそれを実現していません。その顧客体験のギャップの原因は、彼らのテクノロジースタックにある。Ometriaは、そのギャップを埋めるために創業されました」という。

InfraVia CapitalのパートナーであるGuillaume Santamaria(ギヨーム・サンタマリア)氏は「コマースの成功は、優れた顧客体験を作り出してブランドを差別化する能力にかかっています。Ometriaは、それを達成するためのソリューションを提供しています」という。

Ometriaの主な競合相手は、メールサービスのEmarsysやSailthru、Selligent、Bronto、Dotmailerなど、消費者行動マーケティングツールのCloudIQやSaleCycle、Yieldify、そしてカスタマーインサイトのMore2やAgileOneなどとなる。

同社の「共同マーケター」プラットフォームは、データサイエンスを利用して個人化されたマーケティング体験を作り最適化する。その主な顧客企業は、Steve Madden、Aden + Anais、Pepe Jeans、MADE.com、Notonthehighstreet.com、Hotel Chocolat、Feeluniqueなどだ。

さらにマズア氏は「現在、リテールのマーケターたちは、顧客の期待に沿えないという問題を抱えています。100万の人間がいて、30種類のタッチポイントがあると考えると、その多様性が膨大な数であることがわかるでしょう。それはSMSやメールだけではありません。このニーズに応える方法は、人間とマシン / コンピューターインテリジェンスのハイブリッドだけです」と付け加えた。

画像クレジット:Ometria

原文

(文:Mike Butcher、翻訳:Hiroshi Iwatani)