セキュリティ
Expel(企業・サービス)
フィッシング(用語)
サイバー攻撃 / サイバーセキュリティ(用語)
ランサムウェア(用語)

自動化による問題の早期発見と早期対応がセキュリティ成功の鍵、Expelが早くもシリーズEで約160億円調達

次の記事

もっと地下へ、GreenForgesは地下農場システムで野菜を栽培

脅威の検出と対応が専門のサイバーセキュリティプラットフォームExpelが米国時間11月18日、Alphabet傘下で独立のグロースファンドCapitalGの共同リードで1億4030万ドル(約160億円)のシリーズEを調達したことを発表した。CapitalGは2020年に、同社の5000万ドル(約57億円)のシリーズDをリードしている。今回の共同リードに参加したPaladin Capital Groupは2016年に、ExpelのシリーズAをリードした。新たな投資家のCisco InvestmentsとMarch Capital、および既存の投資家であるGreycroftやIndex Ventures、Scale Venture Partnersらもこのラウンドに参加している。

Expelの創業者であるYanek Korff(ヤネック・コルフ)氏、Dave Merkel(デイブ・メルケル)氏、Justin Bajko(ジャスティン・バジコ)氏。(画像クレジット:Expel)

これで同社の調達総額は2億5790万ドル(億294億円)になり、評価額は10億ドル(約1140億円)を超えた。

Expelが基本的に提供するものは、クラウドアプリケーションやインフラストラクチャ、ネットワーク、およびエンドポイントのマネージドセキュリティサービスであり、同社のアナリストが企業のネットワークを24×7で監視し、必要なら欠陥の修復も行い、またオンプレミスとクラウドの環境に対するプリエンプティブな脅威狩りサービスも提供する。顧客先に、同社が「automation-forward(早めに自動化)」と呼ぶシステムを構築し、問題が顕在化する前に早めに対応する。

ExpelのCEOであるDave Merkel(デイブ・メルケル)氏は次のように語る。「最近の2年間は、私たちが予期しなかったような独特の問題に遭遇しました。しかしその間も、私たちはプラットフォームを拡張し、1日のセキュリティイベントの82%の増加にも対応できています。この間、技術方面のパートナーは倍増し、セキュリティのための調査も倍以上に増えました。オートメーションの拡充により、アナリストたちの仕事の効率は260%向上し、しかもNPSの格付けは80+を維持しました」。

画像クレジット:Expel

同社の顧客は、デルタ航空、DoorDash、Better.com、Esri、GreenSkyそしてCDWなどとなる。

CapitalGのゼネラルパートナーでExpelの取締役でもあるGene Frantz(ジーンフランツ)氏は、次のように語る。「ランサムウェアやフィッシングなどの新しい脅威に対する防衛は、プロによる管理と対応が必要です。現在の企業は、そのために最良のMDR以上のものをますます必要としています。Expelはこの業界の革命の最先端にあり、顧客を助け、オンプレミスとますます増えているクラウドの両環境において、セキュリティのコミュニティが脅威の検出と対応という複雑な旅路を歩めるよう努めています」。

画像クレジット:Colin Hawkins/Getty Images

原文へ

(文:Frederic Lardinois、翻訳:Hiroshi Iwatani)