セキュリティ
Stytch(企業)
資金調達(用語)
パスワードレス(用語)

パスワードレス認証のAPIを提供するStytchが巨額約103億円を獲得しプラットフォームをさらに拡張

次の記事

短編動画アプリに一石、インタラクティブな映画体験ができる「Snax」

パスワードレスの認証機能をAPIで提供しているStytchが、シリーズBで9000万ドル(約103億円)を調達して、同社の評価額を10億ドル(約1140億円)以上へと押し上げた。

今回の投資はCoatue Management LLCがリードし、これまでの投資家であるBenchmark CapitalとThrive CapitalおよびIndex Venturesが参加したが、同社の評価額約2億ドル(約228億円)、の3000万ドル(約34億円)のシリーズAからわずか4カ月後のことになる。その後、同社のパスワードレス認証プラットフォームを利用する開発者が1000%近く増加し、7月の350から11月には約4000になった。

CEOのReed McGinley-Stempel(リード・マッギンレイ・ステンペル)氏は元Plaidの社員で、同社の急成長は主製品がAPIであるためだという。「パスワードレスのスタートアップは、その多くがウィジェットが中心です。私たちは、APIファーストではないプロダクトを十分に経験してきたため、それに多くの制約があることと、そしてどうすれば良いのかがわかっています」という。

「例えば私たちが見てきたよくあるユースケースの1つは、私たちがまったく予期しなかったもので、それはチェックアウトフローです。チェックアウト時にSMSのパスワードやメールの本人確認を利用して、ゲストのチェックアウトから新しいアカウントを作ろうとするものです」。

同社はまた、7月のシリーズA以降、多くの新しいプロダクトをローンチした。Appleでサインインや、GoogleやMicrosoftの認証情報によるサインイン、埋め込み可能なマジックリンク、メールによるワンタイムパスコードなどだ。今週、同社はWebAuthnのサポートを加え、StytchがYubicoのようなハードウェアベースの認証キーや、バイオメトリクスによるFace ID、指紋によるログインなどをサポートできるようにした。

Stytchによると、同社は今後の数カ月でそのプラットフォームをさらに拡張する計画だという。シリーズBの一環として同社はCotterを買収したが、ここはY Combinatorが支援するノーコードのパスワードレス認証プラットフォームで、ユーザーはウェブサイトやアプリへのワンタップログインを加えられるようになる。Stytchによると、それにより開発者がパスワードレスの技術を採用することも容易になる。

また、今度の資金で同社は、現在30名のチームを拡張し、インフラストラクチャの構築も行なう予定だ。

パスワードの廃止をミッションとするスタートアップはStytchだけではない。6月にはネイティブにパスワードのないアイデンティティとリスク管理ソリューションのTransmit Securityが5億4300万ドル(約619億円)を調達し、サイバーセキュリティに対するシリーズAの投資としては史上最高額と言われた。7月には「プラグアンドプレイ」のパスワードレス認証技術を作っているサンフランシスコのMagicが、2700万ドル(約31億円)のシリーズAの調達を発表した

関連記事:「ゼロトラストモデル」のおかげでスタートアップ企業もパスワードレスに

画像クレジット:Getty Images

原文へ

(文:Carly Page、翻訳:Hiroshi Iwatani)