ソフトウェア

クラウドで近代化を図りたいスウェーデンのエリクソンがVonageを買収

次の記事

患者の治療に専念できるようになる、AI診断可視化プラットフォームLifeVoxelが約5.7億円のシード資金を調達

国際的なネットワーキング企業であるスウェーデンの通信機器メーカーEricsson(エリクソン)は、近代化の必要性を感じ、クラウド通信企業Vonageを62億ドル(約7112億円)で買収したことを発表した。

Vonageの買収により、エリクソンはよりモダンな通信へのアプローチ、すなわちクラウド上のコンタクトセンターや、Twilioのような通信API、インターネットによる音声通話(VoIP)などを手に入れる。同社は、Vonage系列の主要部分を活用することで、4Gと5Gのネットワーク技術を構築できると考えている。

エリクソンの社長でCEOのBörje Ekholm(ボルイェ・エコーム)氏によると、この買収は、今後多くのエンタープライズ企業を顧客としていくための戦略の一環だという。「これにより、エンタープライズ事業を構築していくための基盤が弊社に備わります。Vonageの買収は、その戦略的プライオリティを提供していくための次のステップだです。Vonageは、顧客がネットワークへの投資から収益を獲得し、開発者と企業を利していくためのプラットフォームを弊社にもたらします」。

具体的に同社が狙っているのは、Vonageの通信APIだ。それによりエリクソンは、4Gと5Gを用いるアプリケーションを構築している世界中のデベロッパーたちのネットワークに食い込めると信じている。

VonageのCEOであるRory Read(ロリー・リード)氏によると、それは断ることのできないほど良い取引であり、両社が合わさったよりも大きな企業は、彼の企業にとっても究極的に良いものだ。「エリクソンに加わることは私たちの株主たちにとって最良の関心事であり、企業のクラウドコミュニケーションにおけるVonageのリーダーシップと革新的なプロダクトポートフォリオ、ならびに傑出したチームの証です」とリード氏は声明で述べている。

Vonageでエリクソンが得るものは技術のポートフォリオだけではない。同社は9月30日までの12カ月の売上が14億ドル(約1607億円)という優良企業であり、12万の顧客にアクセスでき、登録デベロッパーは100万以上いると同社はいう。

Crunchbaseのデータによると、Vonageは2001年にVoIPのプロダクトでローンチし、2006年の上場の前までにおよそ6億ドル(約689億円)を調達していた。2018年には、クラウドを利用するコンタクトセンターNewVoiceMediaを3億5000万ドル(約402億円)で買収した

今回の合併はVonageの取締役会や規制当局の承認を必要とするが、エリクソンの予想では2022年の前半には完了するという。Vonageの株価は今朝、このニュースにより25%上昇した。しかし、エリクソンは投資家にとってあまり魅力的に映っていないようで、本稿を書いている時点で株価は4.89%下がっている。

画像クレジット:David Paul Morris/Getty Images

原文へ

(文:Ron Miller、翻訳:Hiroshi Iwatani)