ブロックチェーン
資金調達(用語)
Andreessen Horowitz / a16z(企業)
音楽 / 音楽制作(用語)
NFT / 非代替性トークン / クリプトアート(用語)

NFT音楽著作権のスタートアップRoyalがa16z Cryptoの主導で63.1億円調達、前ラウンドからわずか3カ月

次の記事

「グローバルB2B決済のStripe」を目指し、後払いサービスSlopeが初めての資金調達

NFT(非代替性トークン)音楽著作権のスタートアップのRoyal(ロイヤル)は、Founders FundとParadigmが主導した1600万ドル(約18億4000万円)のシードラウンドを発表してから3カ月も経たないうちに、今度はAndreessen Horowitz(a16z、アンドリーセン・ホロウィッツ)の暗号資産投資部門Crypto(クリプト)から大規模なシリーズAとして5500万ドル(約63億1000万円)を調達した。

Royalはミュージシャンと提携し、そのアーティストの作品の集団的所有権を表すNFTをユーザーが購入できるようにする。このプロジェクトは、3LAU(ブラウ)という名前で活動しているEDMアーティストのJustin Blau(ジャスティン・ブラウ)と、住宅購入スタートアップ企業Opendoor(オープンドア)の共同創業者JD Ross(JD・ロス)氏が指揮をとっている。Royalは、ビジュアルアートやゲームの分野以外に対してNFTの機能を適用する、非常に初期の段階ではあるものの有望な試みだ。

関連記事:楽曲の所有権をNFTとして販売、ファンがロイヤリティを受け取れるようにする音楽マーケットプレイス「Royal」

2021年10月、ブラウ氏は、自身の最新曲のストリーミング権の50%を保有するこのプラットフォームを通じて、数百個のNFTを配布した。スタートアップによれば、それらのトークンの二次販売がすでに60万ドル(約6890万円)近く行われており、新シングルの暗黙の評価額は600万ドル(約6億8900万円)に達しているという。ブラウ氏のような暗号資産に熱心なミュージシャンたちは、NFTを通じて保有資産を多様化しようとしている暗号資産保有者からすでに数百万ドル(数億円)を調達しており、同時にブロックチェーンの市場機会を拡大するプロジェクトを支援している。

Royalのような境界を越えたプロジェクトは、アーティストとともに成長する機会を提供しつつ、証券取引法を遵守するという点で、宣伝活動上微妙な境界線上を歩かなければならない。

この投資は、a16z Cryptoの共同リーダーで、Coinbase(コインベース)やNFTマーケットプレイスOpenSea(オープンシー)の取締役を務めるKatie Haun(ケイティ・ホーン)氏が指揮をとっている。Cryptoは、ロス氏が以前てがけたOpendoorを支援したこともあり、すでにRoyalの経営陣と深い関係を築いている。また、a16zの元パートナーで、同チームのTalent X Opportunity Fundを率いていたNaithan Jones(ネイサン・ジョーンズ)氏も、9月にGrowth(成長)部門の責任者としてRoyalに入社した。

A16z CryptoにはThe Chainsmokers、Nas、Logic、Kygoなど、多くの音楽アーティストが参加している。このラウンドには、CAAとNEAのConnect Ventures、Crush Music、Coinbase Ventures、Founders Fund、Paradigmも参加している。

関連記事:暗号資産VC「Paradigm」が約2855億円の巨大ファンドを設立

画像クレジット:Royal

原文へ

(文: Lucas Matney、翻訳:sako)